キャンパーズベースキャンプラス

キャンプ用品

コスパ最強! tent-Mark DESIGNS『フラット焚火台』はワンタッチ設営で焚火がもっと楽しくなる!

フラット焚き火台M
投稿者:

キャンプに欠かせない楽しみの一つと言えば焚き火。一言で焚き火と言ってもとても奥が深く、焚き火をする為の焚き火台にも様々なものがあり、材質や大きさ、形も用途も違ったりします。今回は見た目もカッコよく、頑丈でコスパ最強の tent-Mark DESIGNS『フラット焚火台』をご紹介!

『フラット焚火台』はスタイルに合わせた3つのサイズ展開

フラット焚き火台3サイズ展開

出典:テンマクデザイン

今回ご紹介するWild-1のオリジナルブランド、 tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)の『フラット焚火台』は、薪ストーブでおなじみの鉄のスペシャリスト「Winnerwell」とのコラボの焚き火台となっています。

サイズはS、M、Lの3サイズ展開で販売されており、SサイズやMサイズはソロキャンプから2人用、Lサイズはグループやファミリーでの使用がおすすめのサイズ感となっています。ただ、残念ながらSサイズが2022年に入り廃盤決定となっていますので、検討している方はお早目の購入をおすすめします。

今回はとても使い勝手の良い私が愛用している中間サイズのMサイズでご紹介していきます。

設営はわずか数秒!ワンタッチで組み立て簡単!

フラット焚き火台M組み立て

『フラット焚火台』はパッと見の見た目がスノーピークの焚き火台に似ています。
組み立て方も似ていて開くだけですが、こちらはパーツが本体と脚部分の2つで構成されていて、本体を開いて脚部分に乗せるだけ。脚部分も開くだけのワンタッチです。

組み立てという程の組み立てがなく、ワンタッチ開閉なので、設営も数秒ですし、使用後に洗う時も本体のパーツがバラバラになる事はないので、洗いやすい構造です。ステンレス製ですが厚さがあり頑丈なので、焚き火で本体が歪む事もほとんどありません。このスペックの焚き火台で5千円台は他と比べてもとてもコスパが高いです。

商品詳細

メーカー tent-Mark DESIGNS テンマクデザイン
商品名フラット焚火台(Sサイズ・Mサイズ・Lサイズ)
材質ステンレス
サイズ収納サイズ(約):「S」196×260×30(高)「M」500×260×35(高)
「L」528×387×35(高)
組み立てサイズ(約)「S」218×218×121(高)「M」325×325×195(高)
「L」418×418×226(高)
重量「S」(約)1.15kg 「M」(約)2.5kg 「L」(約)4.18kg
板厚1.5mm
耐荷重「S」8kg 「M」8kg 「L」10kg
価格「S」3828円(税込み) 「M」5478円(税込み)「L」8580円(税込み)
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色・価格など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

『フラット焚火台』専用オプションで使い勝手をさらにアップ!

フラット焚き火台Mオプション使用

別売りですが『フラット焚火台』には専用オプションがあり、サイズごとに販売されています。各サイズに合わせた灰受は焚き火の際に空気循環の役割と、地面に灰が落ちるのをある程度防げます。
他メーカーの灰受でもサイズが合えば使用できますが、せっかくなら同時購入した方が良いですね。

\楽天ポイント10倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す
フラット焚き火台M別売りロストル使用

また、焚き火をしながら料理をする際に使用する専用の三角形のロストルが2枚組で販売されています。
片側だけを乗せれば薪をくべながら鍋やスキレットを乗せて調理ができて便利です。

他には『フラット焚火台』の折りたたんだ形に合わせた「フラット焚き火台収納ケース」という三角形の専用ケースも販売されており、そのケースであれば焚火台と各オプションがぴったりコンパクトに収まります。しかも専用ケースもリーズナブルな価格でコスパ良いです!

さらに焚き火台自体にもう少し高さを持たせて使いたい方には、焚き火台ベーススタンドという焚き火台を乗せれるスタンドが販売されていますのでそちらをチェックしてみて下さい。

\楽天ポイント10倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す
\楽天ポイント10倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

設営がとにかく簡単でステンレス製の見た目もスタイリッシュ!

フラット焚き火台M設置イメージ

焚き火台には、主に鉄製とステンレス製がありますが、鉄製は武骨な見た目と重量があり、歪みにくく使うたびにサビも出てきて、それが味となり焚き火台を育てる事につながる、なんて意味でも人気があります。金額はステンレスより高めですね。

また、ステンレス製はサビにくく、お手入れも簡単というメリットがあり、鉄製よりは歪みが出やすいですが、安価なこともあり私はいつもステンレス製の焚き火台を選んでいます。

なお『フラット焚火台』の素材はステンレス430製で熱伝導率が高く、変形しずらい特性を持っています。数あるステンレス製の焚き火台の中でこれを選んだのは、設営がとにかく簡単で見た目もスタイリッシュだと感じたので購入し愛用しています。

500g以下の超軽量の焚き火台から、7kgの重さの鉄製の焚き火台まで、最近は本当に様々な焚火台がありますので自分のキャンプスタイル、用途によって選ぶのも楽しいですよね!

他の焚き火台との比較

この『フラット焚火台』購入前はスノーピークの焚き火台と比較し迷いました。
形や素材も似ていますが、『フラット焚火台』の方が圧倒的にリーズナブルだったのと、見た目も『フラット焚火台』の方が好みだったのでこちらにしましたが、他人とも被りにくく気に入っています。

また、私はユニフレームのファイアグリルという焚き火台も使用していますが、人気商品なだけあって使い勝手はとても良いですが、組み立てと撤収が結構面倒で、使用後に洗う際も各パーツごとに洗わなければいけないので時間も手間もかかります。それに比べて『フラット焚火台』は洗う際も簡単、撤収時も薄くフラットに畳めて全てが楽ちんという訳です!

tent-Mark DESIGNS『フラット焚火台』はソロからファミリーまでおすすめ!

フラット焚き火台Mロストル左右使用イメージ

『フラット焚火台』は3サイズ展開なので、ソロからファミリー、グループまでスタイルを選びません。
今回ご紹介したMサイズは小さすぎず、大きすぎずのサイズ感で持ち運びも大変だと感じた事はないので自分の中では完璧な焚き火台、お気に入りです!

何より設営と片付けが数秒というのが一番のおすすめポイントです!無骨感もありスタイリッシュで使いやすい焚き火台をお探しの方におすすめです!

¥5,478 (2022/06/19 12:10時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント10倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事