キャンパーズベースキャンプラス

キャンプ用品

【秒で準備完了?!】キャンプビギナーにおすすめの時短キャンプギア特集

暖かくなると自然とアクティブになりますよね!これまでキャンプとは無縁だった方も陽気に誘われてアウトドアを楽しんでみたくなったり。しかし、いざキャンプを始めるにしてもキャンプギアって一体どこから揃えたらいいのか、どのメーカーのものを買うべきか検討がつかない方も多いはず。そこで今回はキャンプビギナーさんでも扱いやすい、アっという間に組み立てられるキャンプギアを集めてみました!

キャンプデビューにおすすめ「テント」編

キャンプにおいて生活の中心となるテント選びは重要です。様々なメーカーから様々なモデルのテントがリリースされています。その中から設営が簡単なテントの中から、ソロ~少人数向けのモデルと3人以上のキャンプにおすすめのモデルに分けてご紹介します。

【ソロ~デュオキャンプ向けテント】

クイックキャンプ『ダブルウォール ツーリングテント 1人用』

出典:amazon

積載サイズが限られるバイクツーリング向けに作られたコンパクトな収納が可能なソロテント。1人でも簡単に設営できるワンタッチ式なのでわずか60秒で完了!特にバイクに乗っていないキャンパーにも人気のアイテムとなっています。

DOD『ワンタッチテント』

出典:amazon

収納バッグからテントを取り出し、足を広げてロープを引くだけで設営完了。撤収もテントを折り畳み傘の要領でたたんで丸めるだけ。2人でゆったりすごせるサイズのワンタッチテントです。DODらしいタンとブラックの2カラー展開。

ケシュアワンタッチテント 2 SECONDS EASY FRESH&BLACK 2人用

出典:楽天

ポップアップテントを多く取り扱うアウドドアブランド・ケシュアの人気テントシリーズ「2 SECONDS テント」。その最新版がこちら!両側からひもを引っ張るだけで設営でき、撤収する際は両サイドのボタンを押して畳むだけの画期的なテントです。

【ファミリー、グループキャンプ向けテント】

フィールドア『ワンタッチテント300』

出典:amazon

ゆったりキャンプを楽しめるエントリーモデルの大型ドームテント。インナーテントは大人4~5名が寝そべることができる300×300cmサイズとなっています。荷物や靴の置き場となる前室付きで雨でも安心。付属のキャノピーポールで前室をより広く使用できます。

DOD『わがやのテント』

出典:amazon

約W280×D280×H156cm、5人用の大型サイズながら一人で設営可能なテント。はじめてのファミリーテント選びで迷っている方はコチラをおすすめします。フライをはずせばインナーテント単体でサンシェードとしても使用できます。

クイックキャンプ 『キャビンテント』

出典:amazon

4-6人用の大型テントです。センターのハブを手でかみ合わせるだけでインナーテントが完成。あとはフライシートを被せ、前室部分のポールをセットするだけの簡単設営。前室にシートが付いているおかげで荷物や靴を地面に直置きせずに済むのも嬉しいですよね!

キャンプデビューにおすすめ「タープ」編

テントがあるならタープは不要では?と思いがちですが、あるのと無いのとではかなり快適さが違います。テントの横に設置すれば昼の強い日差しを気にすることなくくつろぐことができ、雨天時テントへ出入りする際にも濡れる心配がなく落ち着いて靴の着脱ができます。六角形のヘキサタープは初心者にもおすすめ!

【人気ナンバー1!スタンダードな「ヘキサタープ」】

コールマン『ヘキサライトⅡ』

出典:amazon

初めてのタープとして選ばれやすいコールマンのヘキサライト。収納サイズは約17×43cmとコンパクトで重量4.3kgと持ち運びもラクラク。4人前後のキャンプで使いやすいモデルです。耐水圧1,200mmと防水機能にも優れています。ただ最初は1人での設営はコツが必要。

DOD『いつかのタープ』

出典:amazon

テーブルとチェアを置いてみんなでくつろぐのにちょうどよいサイズのベーシックなタープです。タープ本体の他にペグ、ロープ、ポール2本、キャリーバッグなどが付いているので買い足しする必要がない便利なオールインワンタイプ。

フィールドア『ヘキサタープ』

出典:amazon

UVカットと高耐水加工を施したヘキサタープ。ポールは基本別売りですが、アルミかスチールから選ぶことができ、タープ単体でも買うことができます。Mサイズは4人~6人、Lサイズは6人~8人での使用がおすすめ。ライトグレー、ボルドー、カーキ、ダークブラウンとカラー展開も豊富。

【スマートに設営できる自立式「ワンタッチタープ」】

フィールドア『タープテント(スチールフレーム)』

出典:amazon

耐久性のあるスチールフレームを採用したタープテント。アルミフレームより重いものの頑丈で安定性があります。大人2人で持ち上げてゆっくり広げるだけのワンタッチ式で簡単に設営完了。Amazonではサイドシートがセットになった商品が販売されています。

キャプテンスタッグ『クイックシェードDX300UV-S』

出典:amazon

フレームの上部肩口はプッシュボタン式で、設営・収納が簡単なワンタッチタープ。ワイドなサイズ300x300cm、約5.5畳のスペースが確保できて5~6人のキャンプやレジャーに最適。キャスターバッグが付いているので持ち運びもラクラク!

ロゴス『ソーラーブロック Qセットタープ220』

出典:amazon

フレームを広げて生地をかぶせて脚を伸ばすだけのワンタッチタープ。タープ内側にはソーラーブロックコーティングが施されているため、強い日差しや熱も遮ってくれます。日向と日陰で-15℃の温度差があるとか!これからの季節にピッタリ!

キャンプデビューにおすすめ「コット・マット」編

コット/マット

シュラフさえあれば寝るには十分では?と考えるビギナーさんも多いのでは。しかしコットやマットがあると就寝時の快適さは段違い!凸凹した地面のコンディションに影響を受けることなく快適に眠ることができます。

【ベッドだけでなくベンチにもなる「コット」】

ヘリノックス『コットワン コンバーチブル』

出典:amazon

ヘリノックスのコットの中でも最も軽いモデルで、片手で楽に持ち上げられるほど!収納サイズも130×130×530mmとコンパクト。てこの原理で組み立ても楽に行うことができます。ロータイプですが、別売りの「コットレッグ」を取り付けることで、ハイタイプのコットとして使用可能。

DOD『バッグインベッド』

出典:amazon

コンパクト収納と低価格が特徴のコット。こちらも重量約2.6kgと、片手で持ち運べる軽さです。ショックコード内蔵のポールのおかげで組立がスムーズ。すぐに昼寝ができちゃいます!収納ケースも大きく開くので出し入れがしやすく、撤収の際のストレスがありません。

WAQ『2WAY フォールディングコット』

出典:amazon

ハイスタイルにもロースタイルにも対応できる2WAYコット。DOD同様リーズナブルな価格が魅力!150kgの重さを支える事ができる強度を誇ります。昼間は高くしてベンチに、夜は下げてベッドにと使い分けが可能。組立には少しコツが必要ですが数回ほどでスムーズに。

【軽量なので手軽に荷物に追加できる「マット」】

サーマレスト『Zライトソル』

出典:amazon

アウトドア用マットレスを中心に取り扱うサーマレストを代表するマットで、キャンパー御用達の定番アイテムです。アコーディオンのように折りたたんで収納でき、サっと広げて素早く使うことができます。身長の低いキャンパーさんは不要な面積を切ればさらに軽量に!

キャプテンスタッグ『EVAフォームマット』

出典:amazon

Amazonでベストセラーを誇るコスパ最強キャプテンスタッグのマットです。こちらも折り畳み式なので収納もコンパクト、スマートに持ち運びできるのが嬉しいですよね。しかも安いのに耐久性も問題ないのですぐに元がとれちゃいます!2人用のダブルサイズの展開もあり。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥2,273 (2022/09/25 08:39時点 | Amazon調べ)

フィールドア『ウルトラライト エアーマット』

出典:amazon

ただのマットよりさらに寝心地を快適にしてくれるのがエアーマットです。フィールドアのエアーマットはコスパも良く、収納は片手に収まるくらいコンパクト。バルブは逆止弁付きで入れている最中も空気が漏れません!10回ぐらい吹き込むだけで膨らむのでセッティングも簡単です。

キャンプデビューにおすすめ「チェア」編

キャンプではフィールド散策以外の時間はチェアに腰掛けながら過ごすことが多いので自分のスタイルに合ったチェアを選びたいですよね。今回は、広げてすぐにくつろげるワンタッチ式のチェアをご紹介。今流行りのロースタイル、普段座る椅子に近いハイスタイルからお好みで選びましょう。

【ゆっくりくつろげるローチェア】

ヘリノックス『チェアワン』

出典:amazon

軽量かつコンパクトなアウトドアチェアに定評のあるヘリノックス。中でも『チェアワン』はバランスの取れたフラッグシップモデルです。つり下げ式シートは座り心地快適!背面はメッシュなので通気性抜群!キャンプに持っていきたいチェア№1ではないでしょうか。

ヘリノックス『チェアツー』

出典:amazon

先ほどご紹介した『チェアワン』をベースに、背あて部分を長くしたハイバックタイプ。頭を預けられるので、リラックスした姿勢でくつろぐことができます。別売りのロッキングフットを取り付けることでロッキングチェアに!ポール内部のショックコードのおかげで組立も簡単です。

コールマン『コンパクトフォールディングチェア』

出典:amazon

約28cmの低さで座り心地抜群のローチェア。ハンドルのおかげで誰でも楽に持ち運ぶことができます。アームレストは木製で肌触りもよく、つい手を置きたくなりますよね。レッドやオリーブ、ブラック、グレーなどカラーバリエーションが豊富なのも◎。

スノーピーク 『ローチェア30』

出典:amazon

一度座ると立ち上がれなくなるほど座り心地が良いと評判の『ローチェア30』。座面の高さは30cmに設定され、ポリエステルながら厚みがある生地で長時間座っていても疲れません。アルミフレーム×竹集成材のデザインもオシャレです!ブラウンとカーキの2色展開。

【立ち上がりやすいハイチェア】

DOD『スゴイッス』

出典:amazon

高さは4段階、角度は3パターンに調節できる画期的なチェア。食事のときにはテーブルに沿うようなハイスタイル、リラックスタイムには後ろにもたれるようなロースタイルなど、シーン毎に細かく調整できてスゴイッス。火の粉に強い生地なので焚き火にも◎。

オガワ『ハイバックチェア コットン』

出典:amazon

背もたれが高く、肩まで包み込むハイバックチェアです。火の粉にも強いコットン素材なので焚き火の近くでも安心。背面のメッシュポケットにはスマホなどの貴重品を収めることができます。収束型なのですぐに使えてすぐに畳めるのが嬉しいですね!

キャンプデビューにおすすめ「テーブル」編

椅子を買ったらやっぱりテーブルも欲しくなります。特にキャンプでの食事タイムを大事にしたい方やBBQを楽しみたいキャンパーにとってテーブルは欠かせません。シンプルで比較的簡単に組み立て可能なテーブルをチョイスしてみました。

【ソロ~デュオキャンプ向けテーブル】

SOTO『フィールドホッパー』

出典:amazon

ソロキャンプのテーブルのド定番といえばコレ!軽量&コンパクトなA4サイズのローテーブルです。収納時はさらに半分の大きさに。広げるだけスタンドが自然と立ち上がり、わずか1秒で設営完了します。ソロキャンではメインテーブル、グルキャンではサイドテーブルとしても活躍!

ヴェントラクス『アルミニウムソロテーブル』

出典:amazon

大阪泉州発のアウトドアブランド・ヴェントラクスのアルミテーブルは、天板にステンレスフレームを付けるだけのシンプル構造が特徴! 1分ほどで食卓が完成します。やや正方形に近い3枚組のwideモデルと、よりコンパクトな2枚組のnarrowモデルがあります。

ヘリノックス『テーブルワン』

出典:amazon

天板がメッシュ素材なので625gと驚くほど軽量で携帯性抜群の折り畳みテーブルです。ポールを繋いでシートを被せるだけで組み立てが完了します。中心に配されたカップホルダーも便利!予算に余裕があれば同じヘリノックス社の「チェアワン」と揃えて買うのがおすすめ!

【ファミリー、グループキャンプ向けテーブル】

コールマン『フォールディングリビングテーブル 120』

出典:amazon

天板を開いてストッパーを入れて脚を立てるだけで完成。2段階で高さを調整できるのが特徴のテーブル。脚はアルミなので軽く、女性でも手軽に持ち運ぶことができます!一回り小さいモデルや天板のオリーブ色が印象的なナチュラルモザイクシリーズも展開中。

スノーピーク『ワンアクションちゃぶ台竹 M』

出典:amazon

キャンプで団らん時間が楽しくなるスノーピークのちゃぶ台。天板の竹集成材がオシャレ!2つ折りの天板を開くと脚部が出てきてワンタッチで開閉できちゃいます。直径65cm上高21cmのMサイズと、直径50cm地上高18cmのSサイズの2モデル展開。

タンスのゲン『レジャーテーブル ベンチ2脚セット』

出典:amazon

コンパクトに折り畳めるテーブルとベンチが2脚セットで6980円という破格のお値段!こちらもテーブルの高さが2段階調節できる2WAYタイプで、ベンチと同じ高さにして並べれば大きなローテーブルに!一式をまとめて収納しても約90cm×10cm×33cmと女性でも持ち運びが楽チンです♪

ギアを揃えてキャンプデビューを華々しく飾ろう!

出典:instagram(@kiku.bell)

今回は、気軽にキャンプを始めてみたいビギナーさんにおすすめのワンアクションギアをご紹介してきました。設営がラクラクなキャンプギアは、準備の時間をもっと短縮したい方や限りあるキャンプ時間をもっと有効に使いたい方にもピッタリ!

初めてのキャンプでうまく設営できるか不安…という方は、ワンチャンが可愛い@kiku.bellさんのこの投稿のように、一度練習がてら家で試しに使ってみては?!当日は買いそろえたギアをスマートに設営して思いっきりキャンプを楽しんでくださいね!

関連記事

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事