キャンパーズベースキャンプラス

キャンプ用品

車内泊派は必見!ロゴスから大型ミニバンに連結できる『ハイタイプカーサイドオーニング』登場!

「海辺5メートルから標高800メートルまで」をポリシーに気軽にキャンプを楽しむためのアイテムを数多く展開するLOGOS(ロゴス)。ファミリーキャンパーを中心に人気の同社が春夏シーズンに向けて『Tradcanvas ハイタイプカーサイドオーニング』をリリースしました!大型ミニバンにもサッと取り付け可能。広々としたリビングスペースが確保できますよ。それではご紹介していきます♪

大型ファミリーカーに連結可能!広々リビングが手軽に完成

Tradcanvas ハイタイプカーサイトオーニング_ナナメ_メッシュ
出典:ロゴス公式

子どもから大人まで、世代を問わず家族みんなでキャンプを楽しんでほしい!そんな想いから手軽かつコスパのいい製品を提案し続けるLOGOS。このたび車中泊が好みのファミリーキャンパーに向けた『Tradcanvas ハイタイプカーサイドオーニング』が発売されました!大型ミニバンに連結可能でセッティングはいたってカンタン。家族で寛げるゆったりリビングがアッという間に完成しますよ。設営・撤収の時間が大幅に短縮できるので、キャンプ初心者や車中泊未体験のキャンパーにもおすすめです。

商品詳細

ブランドLOGOS(ロゴス)
商品名Tradcanvas ハイタイプカーサイドオーニング
サイズ(約)幅320×奥行250×高さ210cm/収納サイズ:(約)幅63×奥行15×高さ15cm
重量4.3kg
定価¥39,000(税込)※2022年4月現在
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色・価格など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

大型のリビングスペースがあれば車中泊がもっと快適に♪

Tradcanvas ハイタイプカーサイトオーニング_真横_開放
出典:ロゴス公式

『Tradcanvas ハイタイプカーサイドオーニング』の高さは210㎝。ファミリーカーとしても人気の高い大型ミニバンやハイエースなどへも取り付けられるのが特長です。幅(約)320㎝、奥行(約)250㎝とワイドなリビングがサッと作れるので家族での団らんタイムが、より充実したものになりますよ。

3方向からスムーズに出入りOK!

Tradcanvas ハイタイプカーサイトオーニング_ナナメ_開放
出典:ロゴス公式

連結時は正面と両サイドの3面が開閉可能なので大人数のキャンプでもスムーズに出入りできますよ。気持ちいい気候の春はすべてオープンして、開放感のある空間で過ごすのもいいですね。

吸盤に引っ掛けるだけで車体へのセッティング完了!

車体への連結はとってもシンプル。付属されているジョイント吸盤を車体に取り付けフックを倒して固定したあと、シートを引っ掛け引っ張るだけ。スピーディでカンタンなのでお子さま連れの慌ただしいキャンプでも安心です。

軽くて丈夫な7001アルミ合金を採用!

Tradcanvas ハイタイプカーサイトオーニング_アルミ合金
出典:ロゴス公式

フレームにはジェット機にも使用されているという「7001アルミ合金」が採用されています。頑丈なのに軽量なので持ち運ぶときや設営時も手間取りません。錆びにくい素材だからメンテナンスもラク◎

高機能メッシュ「デビルブロックST」で紫外線対策はバッチリ!

生地にはLOGOSが独自で開発した高機能メッシュ「デビルブロックST」が採用されています。UVカット率や遮光率が通常比の約1.5倍と高いため、強烈な紫外線が降り注ぐ真夏も心配いりませんよ。またメッシュのキメが細かいため小さな虫の侵入も防ぎます。

別売りパーツの使用でキャノピーにも!

Tradcanvas ハイタイプカーサイトオーニング_キャノピー
出典:ロゴス公式

別売りのポールとロープを使えばキャノピーとしても活用できます。気候や気分でアレンジできるのは嬉しいですね。

雨風を防ぐマッドスカート装備&便利な収納バッグ付き!

裾にマッドスカートが装備されているため、冷気や雨が侵入しにくくなっています。付属の収納バックにコンパクトにしまえるのも魅力です。

『Tradcanvas ハイタイプカーサイドオーニング』がファミキャンでの車中泊デビューを後押し!

Tradcanvas ハイタイプカーサイトオーニング_正面
出典:ロゴス公式

設営・撤収が手軽にできるうえ、天候に左右されにくいのが車中泊のメリット。ファミリーカーなどの大型ミニバンにもセッティングできる『Tradcanvas ハイタイプカーサイドオーニング』は、車中泊好みのキャンパーはもちろん「手持ちのテントはないけれどキャンプがしたい」というご家族にもピッタリですよ。

この記事の関連タグ

amazon
人気商品ランキング

おすすめの関連記事