キャンパーズベースキャンプラス

キャンプ用品

キャンプ道具の収納上手はキャンプを制す!快適で楽チンなキャンプ収納術をご紹介!

delta/mt

ソロキャンプでもファミリーキャンプでも、キャンプ道具の収納は必須です!僕もはじめは収納なんて適当で良いし、テントや焚き火周り、寝具にお金をかけたいと思いキャンプを始めましたが、大間違いでした。無駄に疲れないキャンプをするには収納は大事です!

大型の収納ケースは基本!

無印頑丈ボックス

今回はキャンプには必要不可欠の収納についてご紹介いたします。
キャンプってどうしても荷物が多くなりがちですよね、ソロであればある程度必要な物を絞って、道具や収納ケースも少なくすることはできますが、ファミリーやグループとなるとそうもいかず、もしかしたら必要になるかも?と荷物が多くなりがち。

そうなると車載のこともあり、道具をまとめる収納ケースは必要になります。キャンプを始めると同時にまず皆さんがたどり着くのが、大型のプラスティック製のケースじゃないでしょうか?

メジャーなもので無印良品の頑丈収納ボックスがありますね。僕も最初はこの頑丈ボックスにお世話になっていました。本当に頑丈で人が座ってもへこまないのでイス代わりにもなります。何より大型なのに2000円もしないコスパの高さが最高です!

これに何もかも道具を放り込んで持っていく!でも良いんですが、キャンプ中はこの一つの大型ケースに乱雑に放り込んだせいで、必要な物を探す時間、中腰でガチャガチャ箱の中をかき回している時間が余計な疲れとストレスになるんですよね。

そこで僕はこの頑丈ボックスを早々に卒業し、どこに何があるかを一目でわかる、そして道具のジャンル別に収納ケースを用意していくことになるのです。

ジャンル別に収納ケースを用意すると便利!

WHATNOTワンタッチバスケット

まず僕は大きく3つのジャンルに分けて収納しています。1つ目はキッチン系、2つ目は工具系、3つ目は家電系です。

キッチン系と工具系は、WHATNOTのワンタッチバケットにそれぞれ入れています。このWHATNOTのワンタッチバケットは布製ですが、沢山道具を入れて雑に扱ってもタフで頑丈です。使わない時はぺちゃんこに出来るので場所もとりませんし、値段も2000円弱とコスパも最強です。

キッチン系のケースには主に料理に使う道具やグラスやお皿やシェラカップなど、その名の通りキッチン系をすべてまとめています。工具系のケースには、薪ばさみや斧、グローブやLEDランタンなど、キッチン系以外をまとめて入れています。

そしてポータブル電源や扇風機、お気に入りのLEDランタンなど、家電系の道具を急な雨に濡れても大丈夫なように、頑丈なアルミコンテナボックスに入れています。もちろん見た目に一目惚れして購入しました!

また、コーヒー道具をまとめたケースもこのアルミコンテナボックスに入れています。

主に大きく3つのケースに分けていますが、要は自分が何をどの収納ケースに入れているかを把握できていて、どこに入れたっけ?と探したり迷ったりしなければ、楽しいキャンプに余計なストレスを感じることはありません!

ハンマーやペグはまとめて収納しておく事をおすすめします

THE NORTH FACEのフィルデンスツールボックス

ペグやハンマーなど、重い工具はなるべくまとめて一つのケースに入れておくことをおすすめします!

しかも、車に積む時も、なるべく最後、すぐ取り出せる位置や手前に積むのが最適です。テント設営やタープ設営で、ハンマーやペグが荷台の奥底、またはどこにあるか分からないといった事態になるとキャンプ開始から最悪です。

また、帰る間際にペグが地面に刺さったまま抜き忘れたなんて時も、すぐに取り出せれば無駄な時間と労力を使わずに済みますからね。

キャンプ用ツールボックスは色々なキャンプメーカーから販売されていますので、まとめておく為にも必要だと思います。僕はTHE NORTH FACEのフィルデンスツールボックスを使っています。見た目もカッコよく頑丈なタフな工具ケースで、おすすめです。

細かくケース分けするとさらに楽!

100均セリアケース

大きくジャンル分けした中で、さらに小物はまとめておくと、整理しやくすく片付けも簡単です。例えばキッチン系の道具をひとまとめにし、その中でも調理器具だけをケースにまとめて入れておくことで、どこに何があるか、自分で把握することができますね。

僕はおたまやナイフ、ピーラーなどのまさにキッチン道具を100均のケースにまとめています。ダイソーやセリアの100均でも最近はキャンプ道具が豊富にありますので、小物をまとめておくケースは100均で揃えるのもコスパ良いですね。

また、調味料もケースにまとめておく便利。調理中や食事中にあたふた探すはめになりますので、いつでもすぐ取り出せるように収納ケースにまとめておくのをおすすめします!

無印良品ナイロンメイクボックスL

僕はコーヒー道具をすべて無印良品のナイロンメイクボックスLにまとめています。実はこのケース、キャンプ用ではなく女性のメイク用品のケースなんです。Webの道具紹介動画で知って購入したんですが、かなり使い勝手が良くずっと愛用しています。

好みの収納ケースを探すのもキャンプの醍醐味!

Thorコンテナケース設置

キャンプに行く人数や場所、季節によっても使う収納ケースが変わってきたり、収納ケースも意外と奥が深いです。

僕は最近キッチン系の道具が増えてきて、WHATNOTのワンタッチバケットでは納まりきらなくなり、THORのコンテナボックス53Lを購入しました。

これも素材や強度は無印良品の頑丈ボックスと類似していますが、色やロゴ、高さが低く車載に適しているので購入しました。

もちろん、見た目も大事なので、皆さんも機能性と見た目、自分好みの収納ケースを選んでくださいね!ギア選びもキャンプの楽しみの1つですから。

関連記事

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事