キャンパーズベースキャンプラス

キャンプ用品

冬キャンプは足元の防寒対策もぬかりなく!おすすめのスノーブーツはどれ?

レベッカ 投稿者:

冬キャンプシーズン真っ只中!今年も雪が多そうで雪中キャンプも大いに楽しめそうですね。冬キャン未経験の人は、ぜひ今年から冬キャンプデビューしてみてはいかがでしょうか?ただし、寒さ対策は万全に!寒さ対策は足元からということで、今回はスノーブーツを選ぶポイントなどについてご紹介。

冬キャンプの靴ってどうしてる?

冬キャンプでは、寒さ対策が欠かせません。ストーブや電気毛布といった暖房器具のほか、フリースやダウンなどの防寒着も必須です。そして忘れてはならないのが、足元の防寒対策。

レザーブーツやスニーカーでも冬キャンプは楽しめますが、気温が下がると足元から一気に冷えが襲ってくるため、冬キャンプもポカポカと快適に過ごしたいというキャンパーにはスノーブーツをおすすめします。

スノーブーツを履くメリット

出典:Photo AC

”冷えは足元から”と言われるほど足先は地面からの冷気が伝わりやすく、そして冷えやすい部位です。足先や足首が冷えると血管が収縮して血液の流れが悪くなり、全身も冷えやすくなってしまうため、冬キャンプではスノーブーツなどを履いて足元を寒さから守りましょう!

また、スノーブーツには防水性能が備わっているものが多く、雪上を歩いても普通の靴よりも濡れにくいのもメリットです。ソールにこだわって選べば、凍結していても滑りにくくて安心◎

雪中キャンプからタウンユースで使えるお洒落なモデルも多いのもうれしいポイント。

スノーブーツを選ぶ際のポイント

スノーブーツは各メーカーから発売されており、価格帯や機能もさまざまです。用途に合ったスノーブーツを選ぶことが快適な冬キャンプへの第一歩。

それでは選び方のポイントをご紹介します!

ステップ1:保温性

出典:SOREL公式

防寒対策として履く上でまず重要なのは「保温性」です。足首以上の丈があり、足首部分の紐をぎゅっと締められたり、ボアが付いていたりするものがおすすめ◎

出典:SOREL公式

こちらのSORELカリブーWPは、9mm厚のリサイクルフェルトインナーブーツが地面からの冷気の侵入をしっかり防いでくれます。さら着脱可能なため、雪など侵入して濡れた際も乾燥が楽ちんです。

足首だけでなく、足先までボアやフリース素材になっているブーツであればさらに暖かいのでおすすです。

ステップ2:防水性

出典:pixabay

いくら保温性が高くても、水が染み込みやすいと足元が冷えるだけでなく、凍傷になる危険性も。そこで、保温性と同様にチェックしておきたいのが「防水性」です。

ただし、防水性が高いと靴の中が蒸れやすくなり、結果的に冷えてしまう恐れもあるため注意しましょう。透湿防水に優れた「ゴアテックス」素材を使用したブーツであれば、防水しながら湿気も外に逃がしてくれるため快適でおすすめです。

ステップ3:丈の長さ

丈の長さによって着脱のしやすさや歩きやすさが異なるため、使用するシーンに合わせて選ぶことも大切です。頻繁に着脱するシーンではショートカット、保温性重視なら雪が侵入しにくいハイカットがおすすめ。迷った場合はミドルカットが使いやすくて◎

ステップ4:ソールの滑りにくさ

出典:pixabay

冬キャンプでは、雪道や凍結した道を歩くこともあるため、防滑加工が施された滑りにくいソールのブーツを選ぶと安心です。ラバー素材のものや底の凹凸が深いものなど、グリップ力が高いものを選びましょう。

おすすめのスノーブーツブランド4選

それでは選び方のポイントを踏まえて、編集部おすすめのブランドをご紹介します!

SOREL(ソレル)

機能性とデザインを両立した人気ブランド。代表モデルである『カリブーWP』は、なんと-40℃まで耐えうる保温性というから驚き。別のモデル「1964パックナイロン WP」を5年以上愛用している編集部スタッフからは「とにかく暖かくて、長く履き続けられるブーツ」とお墨付き。

信頼のおける防寒ブーツをお探しの人には特におすすめの一品。

SOREL(ソレル)
¥24,200 (2023/01/10 17:15時点 | Amazon調べ)

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

出典:amazon

こちらもファッション性と機能性を兼ね備えた人気ブランド。特に『ヌプシ ブーティ ウォータープルーフ』シリーズは保温性が高さ、脱ぐ履きのしやすさ、フィットする履き心地などから、非常に多くのキャンパーから支持される人気モデルです。

Danner(ダナー)

出典:Amazon

冬山を想定して作られているダナーのブーツは、その機能性と剛性から世界中から人気を集めています。この『フレッド B200 PF』は、-20度という過酷なコンディションにも対応していてグリップ力が高くて滑りにくいのも特徴です。

もちろん防水性にも優れ、軽量でバランスの取れたモデルとして、日常ファッションに取り入れやすいのも魅力です。

Columbia(コロンビア)

出典:amazon

ファッション性の高いアイテムが魅力のアウトドアブランドであるコロンビア。こちらは同社独自の破水加工「オムニシールド」、さらに保温機能「オムニヒート」を採用したモデル『チャケイピア チャッカ オムニヒート』。

冬キャンプから積雪時のタウンユースまで対応しており、これからの冬キャンプの強い味方に!お洒落キャンパーさんにも「街中でも普通に履けてかわいい!」と今冬注目のアイテム。

雪中キャンプはしないって方は”ワークマン”がおすすめ

手を出しやすい価格帯が魅力的なワークマンからは、いまや多くのキャンパーから絶大な人気を誇るブランドFieldCore(フィールドコア)・wmbをご紹介。

そのリーズナブルな価格から色違いで購入したり、数種類をシーンに合わせて履き分けるキャンパーも多数いるほど。

FieldCore『防寒ブーツケベック』

特に人気シリーズである『防寒ブーツ ケベック』は、中綿入りの保温性と防水性を兼ね備えた人気アイテムとなっていて、毎シーズン新色展開している定番モデルとなっている。7サイズ展開でフィットするサイズを見つけやすいのも魅力です。

FieldCore『Heyaルームブーツ』

スノーブーツのほかにテント内で履くルームブーツもラインナップ。テント内や就寝時でもポカポカ快適に過ごせます。

テントはもちろん車中泊や自宅でも活用できるため、1つは持っていたいアイテムです。コンパクトに収納できるものなど用途に合わせて選んでみましょう◎

wmb『トレッドモック』

2年以上愛用しているライターのGURIOさんからは、「防寒性は高くないけど気温5℃くらいであれば問題なし」とのこと。

撥水性もあり汚れがつきにくく、なにより脱ぎ履きしやすく、適度に暖かいということで毎年買い足しているパワーユーザーも多いようです。過度な防寒性能は期待できませんが、車に一足積んでおけば役に立ちますよ。

足元も防寒対策して冬キャンプを楽しもう!

スノーブーツはアウトドアシーンはもちろん、デザインを選べば日常使いもできる寒い冬の味方です。足元を暖めるだけで寒さが軽減されます。冬キャンプや雪中キャンプは、暖かいスノーブーツなどで寒さを乗り切りましょう!

関連記事

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事