キャンパーズベースキャンプラス

キャンプ用品

焚き火もBBQもコールマン『ステンレスファイアープレイスⅢ』にお任せ!使い勝手の良さを実感!

Natsu 投稿者:

キャンプの醍醐味でもある焚き火は楽しいですよね。コールマン『ステンレスファイアープレイスⅢ』は、焚き火を存分に楽しめるだけでなく、BBQやダッチオーブン料理などコレ1台で楽しめちゃうおすすめのギア!キャンプファイヤーを思わせるデザインは、見た目もカッコよくキャンプの雰囲気も抜群です。それでは初心者の方にも使いやすいおすすめの焚き火台、コールマン『ステンレスファイアープレイスⅢ』をご紹介します。

使いやすさと耐久性に優れた『ステンレスファイアープレイスⅢ』

コールマン『ステンレスファイアープレイスⅢ』は、焚き火・BBQ・ダッチオーブン料理など1台で何役もこなすマルチな焚き火台です。丈夫で使いやすいことから、多くのキャンパーに愛されコールマンのロングセラー商品になっています。

基本情報

使用サイズ約41.5×46.5×34.5(h)cm
収納サイズ約41.5×30.5×15.5(h)cm
重さ約5.7kg 
材質ステンレススチール、他 
付属品焼網、収納ケース
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色など設定が変更されてる場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

セット内容

  • 収納ケース
  • 焚き火台本体
  • 灰受け皿
  • 反射板
  • 焼網

組み立てはとっても簡単!

「焚き火台の組み立てってなんだか面倒・・・」と感じる方も多いですが、そこは流石のコールマン、今回ご紹介する『ステンレスファイヤープレイスⅢ』は、初心者の方でも簡単に組み立てできる安心設計、本当にあっという間に完成しちゃいます。

簡単4ステップで完成するお手軽さ♪

①開く

折り畳まれている本体と4本の足をカチッと音がするまで開きます。ボタンと足部分の穴が上手く合わないと不安定になり焚き火台が倒れてしまうので、ボタンと穴がしっかり合うように開きます。

②固定する。

折り畳まれていた所にストッパーのピンがあります。ピンを抜き反対側の穴にしっかり差し込んで固定します。

③灰受け皿

薪や炭を置く灰受け皿を、底部分にスライドさせてはめ込みます。

④反射板

焚き火の熱が芝生などにダメージを与えないよう反射板を取り付けます。反射板のフックは、灰受け皿の両端に4ヶ所ある穴にかけます。これで焚き火台の完成です。馴れもありますが、1分もあればできちゃうお手軽設計に感謝です。

簡単トランスフォーム

BBQや炭火焼きなど炭を使った料理を楽しみたい時は、一番下に設置した灰受け皿を本体上部にセットします。さらにその上に焼網を載せるだけで設置完了!

高い燃焼効率で誰でも簡単に焚き火ができる

コールマン『ステンレスファイアープレイスⅢ』は、丈夫なステンレス製でキャンプファイヤーのような井桁(いげた)型の構造を採用しています。重厚感があり、他のメーカーにはないデザインで見た目もカッコいいです。

井桁の間はメッシュ構造で空気が入りやすく、燃焼効率が上がる仕組みになっており、無造作に入れた薪もドンドン燃えてくれます。誰でも簡単に焚き火ができるので、ファミリーキャンプでもお子様が楽しみながら率先して薪入れをしてくれますよ。

BBQも焚き火料理もダッチオーブン料理もできる

コールマン『ステンレスファイアープレイスⅢ』は、「どんな料理も何でも来い!」の頼れる焚き火台です。

では、どんな料理が実際作れるのかをご説明します。

BBQ

キャンプはもちろん、夏場に人気のBBQにも焚き火台は大活躍!炭受け皿を焚き火台の上に置き、付属の焼網を載せると、炭火を使った本格的なBBQがすぐに楽しめます。

炭火で焼いたお肉や香ばしい焼きおにぎりなど、お子様も一緒に楽しめてとっても美味しいですよ。

焚き火料理

焚き火をしながらできる焚き火料理は、キャンプならではの楽しみ方ですよね。直火で調理するのは、豪快な感じがワイルドでカッコいいです。焚き火台の上にグリルや五徳を置いてケトルや飯盒、スキレットにシェラカップ、メスティンなど色々なクッカーを使って直火で調理できます。食後には焼き串にマシュマロを刺して焼いたスイーツも楽しめます。

ダッチオーブン料理

焚き火台の持ち手は、強度が高く内側に倒して五徳として使うことができます。重さのあるダッチオーブンや大きな鍋も余裕で置けます。

焚き火台と一緒に使えるトライポットにケトルやダッチオーブンを吊るしても調理できます。不思議とみんなが焚き火台に集まり火を囲む、このキャンプ感が楽しいですよね。人数の多いファミリーキャンプやグループキャンプに向いていて、使いやすくとてもおすすめです。

見た目とは違って意外と軽く収納もコンパクト

重厚感のある見た目ですが、5.7㎏と意外に軽く、サイズも横41.5×高さ30.5×幅15.5㎝とコンパクトに折り畳んで、トートバッグ型の付属のケースに収納できます。収納ケースの上部にはマジックテープが3ヶ所付いてケースを閉じることができ、中身が出ることもありません。

多くなりがちなキャンプ道具は、収納も大事ですよね。コールマン『ステンレスファイアープレイスⅢ』は、縦型や横型どの向きでも収納でき、ステンレスで潰れることがなく、焚き火台の上に荷物を重ねてもOK!見た目よりもスリムでコンパクトなので、道具と道具の隙間にもしっかり収まります。車に積む時や使わない時の保管場所でも苦労する心配がありません。

焚き火をする時の注意点

出典:pixabay

キャンプで焚き火をする時は、焚き火の火の粉が飛んで火事になる恐れがあります。近くに他のテントや燃えやすい物がないか確認して、風の少ない時に行いましょう。また、キャンプ場の芝生や地面を焦がして傷つけないよう焚き火台の下は、耐火性の高いスパッタシートを敷き、各キャンプ場や施設のマナーやルールを守り、注意して焚き火を楽しみましょう。

雰囲気抜群の焚き火台でキャンプを満喫

コールマン『ステンレスファイアープレイスⅢ』は、焚き火台の井桁型がキャンプの雰囲気にぴったりです。キャンプファイヤーのような豪快な炎を楽しめ、一気にテンションが上がります。焚き火台としての利用だけでなく、キャンプ料理も楽しめ、いまでは我が家の一軍ギアの1つです。

丈夫で使いやすく、焚き火からキャンプ料理まであらゆる場面で大活躍すること間違いなしの焚き火台。この春のBBQのお供にもゼヒ!

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事