キャンパーズベースキャンプラス

キャンプ用品

優しい炎で雰囲気UP!スノーピーク『リトルランプ ノクターン』3つの特徴と注意点

スノーピーク『リトルランプ ノクターン』
投稿者:

キャンパーのことを考え抜いたデザイン性の高いギアを数多く輩出しているスノーピーク。多くのコアファンを抱える同メーカーから発売されている小さなランタンが『リトルランプ ノクターン』です。ここではその魅力を写真とともに紹介していきたいと思います!サイトの雰囲気がアップすること間違いナシ・・・キャンプの夜のお供にぜひどうぞ。

手のひらサイズの『リトルランプ ノクターン』

『リトルランプ ノクターン』は、スノーピークから現在発売されている次の3つのガスランタンの中でも、最も小さいガスランタンです。

  • ギガパワー BFランタン
  • ギガパワーランタン 天 オート
  • リトルランプ ノクターン(本記事で紹介)

基本情報

サイズ42×40×105(h)mm
重量102g
材質アルミニウム合金、ブラス、ゴム、ガラス、ステンレス鋼
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色・価格など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。
リトルランプノクターンのケース

『リトルランプ ノクターン』はプラスチックのケースに入っています。

手のひらサイズのリトルランプノクターン

ランタン本体のサイズは「手のひらサイズ」。本体だけなら胸ポケットに入れて持ち運べるぐらいの大きさです。

ケース内の衝撃緩衝用スポンジ

ちなみにケースの上蓋と底には衝撃を抑えるスポンジが貼り付けられています。外に持ち出して使うことが多いガラス製品なので、こういった配慮は嬉しいポイントですね。

【使い方と注意点】点火方法はとても簡単!

スノーピークのギガパワーガスプロイソとギガパワーガスイソ

これから点火方法を説明していきますが、使用するガス缶について先に紹介しておきます。使うガス缶は必ずスノーピーク製のガス缶を使うようにしましょう。他社製のガス缶だとガスの混合比率が異なっている場合があるので危険です。

スノーピークからは2タイプ/3サイズ

  • ギガパワーガス(110/250/500)プロイソ(金缶)
  • ギガパワーガス(110/250/500)イソ(銀缶)

2種類で各3サイズのOD缶が販売されていますが、『リトルランプ ノクターン』は両方のガス缶に対応しています。なお、CB缶は非対応となっています。

また、OD缶内燃料の種類や配合は異なっていてため、外気温が10℃より高い場合はギガパワーガスイソ、それより低い気温の場合はプロイソを使用することをおすすめします。

では点火方法について説明していきます。

リトルランプノクターンの器具栓ツマミ

まずは元栓(器具栓ツマミ)がきちんとマイナス方向に閉まっているか確認します。

ここが開いた状態のままガス缶を付けようとすると、シューっという音と共にガスが外に漏れ出して非常に危険です。必ずチェックするようにしてください。

閉まっていることが確認できたらガス缶を取り付けます。

チャッカマンで点火

次にライターに火をつけて本体の着火口に近づけながら、元栓(器具栓ツマミ)を開放して点火します。チャッカマンなどを使うとストレスなく着火できますよ。

点灯したリトルランプノクターン

逆によくキャンパーが持っているターボライターを使うと炎の勢いが強すぎて、ランタン本体を痛めてしまう場合があるので注意してください。

火力調整ダイアルで火の調整

火の調整に関しては器具栓ツマミではなく、ランタンの根元に付いている火力調整ダイヤルを回して調整します。炎を大きくするには反時計回りに、逆に小さくするには時計回りに回します。

光量(火力)調整

リトルランプノクターンの最小火力と最大火力

楽しいキャンプで火傷などをしないためにも、グローブから火が出ないぐらいで使うようにしましょう(※メーカーも推奨)

『リトルランプ ノクターン』の3つの特徴と注意点

【特徴1】雰囲気重視の優しい光

雰囲気重視の優しい光

メインランタンとしては光量不足ですが、『リトルランプ ノクターン』はキャンドルサイズの小さな炎で周囲を暖かく照らしてくれます。あまりに明るすぎると夜の雰囲気が台無しですし、逆に暗すぎると実用性がありませんよね。

『リトルランプ ノクターン』は、テーブル上や手元をほど良く照らすサブランタンとして活躍してくれます。

【特徴2】揺らめく炎の癒し効果が抜群

揺らめく炎の癒し効果が抜群

LEDランタンは便利で扱いやすく、非常に明るいモデルもたくさん発売されているので、多くのキャンパーから人気があります。

ですが、やはりリアルな炎の方が雰囲気は上。『リトルランプ ノクターン』の小さな揺らめく炎を見ているだけで、とても癒されますよ。個人的にはとてもお酒がすすみます^^

【特徴3】ガスの消費量が少なくコスパが良い

ガスの消費量が少なくコスパが良い

『リトルランプ ノクターン』は1時間にわずか7gしかガスを消費しません。そのため一番小さなOD缶(110サイズ)であっても、理論上は15時間以上点灯し続けられることになります(外気温や使用環境によります)

キャンプでは中途半端に中身が残っているガス缶を『リトルランプ ノクターン』に取り付けて、ガスを全て使い切るといった使い方をすることが個人的に多いです。

【注意点】風には弱いので少し注意

最後に1つ注意点を。

マントルを使ったランタンと違って『リトルランプ ノクターン』は風にとても弱いです。少し強い風が吹いている状態で使うと、すぐに消えてしまいます。

風が強い日は使うのを止めるか、風が当たりづらい場所で使うようにしましょう。

『リトルランプ ノクターン』以外のキャンドルランタン3選

今ではスノーピークの『リトルランプ ノクターン』以外にも、各メーカーからキャンドルランタンがたくさん発売されています。

キャンパーから人気のランタンを紹介しておきますね。

  • ルミエールランタン(コールマン)
  • エジソン ランタン(ミニマルワークス)
  • ヒノト(ソト)※2021年3月下旬発売予定

どれも雰囲気のある優しい光のランタンなので、併せてチェックしてみてください。

特にソトのヒノトはガス缶につけて使うこともできますし、充填式の専用タンクにガスを入れて使うこともできる2Way仕様になっています。どれにするか悩んでいる時間も楽しいですよね^^

夜のムードを盛り上げる『リトルランプ ノクターン』

MYテーブル竹とリトルランプノクターン

スノーピークの『リトルランプ ノクターン』について、その使い方や魅力を紹介してきました。無くても問題ないけど、あったらあったで夜の雰囲気をワンランク高めてくれるアイテム。

軽量で使い方も簡単なので、女性キャンパーさんや荷物をミニマムにしたいUL系キャンパーさんにもオススメできます。スノーピーク製品の中ではお値段も手頃な点も魅力。ぜひ1つ持っておくと良いと思いますよ!

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事