Campersbase Camplus

キャンプギア

睡眠の質をワンランク上げてくれるマットの種類と選び方

キャンプのマットについて
投稿者:

キャンプで快適な睡眠を確保するには、寝袋やコットも重要なアイテムの 一つではありますが、実は『マット』も負けず劣らずかなり重要な役割を 担っています。今回はより快適な睡眠を確保できるように『マット』の種類 やシーンに合わせた選び方、またメンテナンスなどについても簡単にご紹介いたします。

キャンプマットの必要性

そもそもなぜ、キャンプマットが必要であるかと言いますと、固い地面に寝袋だけで寝た場合、デコボコな地面に身体が当たってしまい痛くて心地良く眠ることができない為です。

また、地面から伝わる冷気を遮断することで、寝袋が本来持つ保温性の効果を高めて、より快適な眠りにつくことができます。

キャンプマットがあるか無いかで、その日の体力にも影響が出てしまい、思い切ってキャンプを楽しむことができないなんてことにもなりかねません。

快適な睡眠を確保してキャンプが楽しめるように、大きく4種類のキャンプマットに分けてそれぞれの特徴などをご紹介させていただきます。

キャンプマット4種類の紹介

銀マット

画像提供:CAMPLUS編集部

代表的なマットの一つである銀マットは、底冷え対策に優れているということです。

銀幕マットのアルミ面には、熱を反射させる効果があり、寒い夜などにはアルミ面を上にすることで、体温を反射して熱を逃さずに過ごすことができます。

出典:pixabay

一方で、夏場などの暑い日には、逆にアルミ面を下にすることで地面の熱をカットします。例えば夏のピクニックでアルミ面(銀色)を上にして使用すると、太陽や体温の反射熱のほか、地面からの熱にもやられて熱中症になる恐れがあるため、小さなお子様連れの方は特に注意してくださいね。

また、銀マットのデメリットとしてクッション性の低さがあげられます。厚さが1cm程度のマットでは、少し地面の固さを感じてしまう恐れはあります。 ホームセンターで厚みが数cmあるタイプも取り扱っているので、荷物の量や用途に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

インフレーターマット

マットの角にバルブが付いており、バルブを開くだけで自動的に空気を吸い込み膨らむタイプです。その為、クッション性に優れており寝心地はいいです。

デメリットとしては、空気で膨らんでいる為、穴が開いてしまうと空気が漏れてしまいます。予め設置する場所に尖った石などがないかを確認しておくといいでしょう。

エアマット

画像提供:CAMPLUS編集部

インフレーターマットと似ていますが、こちらも空気を入れて膨らませることによって使用するタイプです。

こちらもクッション性に優れており、比較的コンパクトに収納できるタイプが多いことがメリットとしてあげられます。

デメリットとしては、穴が開いて空気が漏れてしまう恐れがあることや、空気を膨らませるのに少し手間がかかってしまうことです。

ウレタンマット

画像提供:CAMPLUS編集部

空気漏れの心配も無い上に銀マットよりクッション性に優れ、バランスのとれたマットと言えます。 準備の際も広げるだけで簡単であり、価格としても比較的にリーズナブルな物も多く、初心者でも手軽に安心して購入することができます。

デメリットとしては、エアマットやインフレーターマットと比較して、持ち運びの際に少し嵩張ってしまう。

シチュエーションに合わせたマットの選び方

登山などの厳しい環境

インフレーターマットやエアマットなどのように、穴が開いて空気が漏れてしまうタイプはあまりオススメできません。しかし、厳冬期では地面と体の間に空気の層を多くとることで保温性がアップするため、地面の状況がよければエアマットも有効といえます。

耐久性と使いやすさを優先する場合はウレタンマット、保温性や更なる寝心地を求めるならエアマットなど、季節や用途、それに「何を優先するか」で自分にあったタイプを選択しましょう。

オートキャンプ

地面の凹凸の少ないオートキャンプでは、どのタイプでも問題なく使えますが、コンパクト性を重視するならエアマットやインフレーターマット がオススメです。

インフレーターマットやエアマットは、コンパクトに収納できる反面、使用する場所によって耐久性に不安が残ります。そのままテント内で使用すると、尖った石などで穴が開き空気漏れする場合があるため、ラグやシートを一枚敷いておくと穴開き防止になって安心です。

れやパンクの対処法

出典:pixabay

軽い汚れに関しては、早めの段階でタオルなどを使って拭き取り、少し酷い染み付いた汚れはスポンジなどを使って水で洗い流します。それでも落ちない場合は洗剤を使って拭き取ることをオススメします。

その後に天日干しで乾かして、ファブリーズの消臭でOKです。

穴が開いたり破けた場合ですが、銀マットはアルミテープで補修、エア マットは、リペアパッチと呼ばれる補修用シート、若しくはナイロン補修シートを用意して、リペアキットのような補修剤を使って貼り付けます。

穴が空いてしまった部分にシートを型取り、補修剤で貼り付けるだけです。補修剤は強力接着剤でもOKです。

気温や用途に合わせたマットを選びましょう!

出典:pixabay

いかがでしたでしょうか?

今回はキャンプマットについてご紹介しました。
キャンプを楽しむ為には快適な睡眠環境が不可欠です。ご自身のキャンプスタイルに合わせたマットを選び、キャンプを楽しんでみてください。

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事