Campersbase Camplus

キャンプギア

【筆者愛用】バーナー界の大定番 プリムス『2243バーナー』が長年愛される理由とは

プリムス_2243バーナー
投稿者:

昨今のキャンプブームによって、魅力的なアウトドア製品が続々と登場しています。シングルバーナーひとつ取っても、どれを選べばよいか悩ましいものです。そんな時、あえて伝統モデルをチョイスしてみませんか?筆者が愛用する『プリムス2243バーナー』は、約30年前に発売されたバーナー界のレジェンド的存在です。ここでは使用感をレビューしながら長年愛され続けるその魅力をお伝えしていきます。

ガスバーナーの歴史を牽引してきたプリムス

プリムスは、1892年(明治25年)創業のスウェーデンの燃焼器具ブランドです。100年以上もの歴史を持つプリムスが日本にやってきたのは1985年(昭和60年)。カセットコンロのパイオニア岩谷産業と合併し、イワタニ・プリムスを設立しました。

この当時発売され、現在に至るまでプチリニューアルを繰り返しながらもほとんど発売当時の姿で生き残っているのが、今回ご紹介する『プリムス2243バーナー』なのです。

長年使える秘訣!強靭な固定式のX字ゴトク

筆者の『プリムス2243バーナー』は義父が使っていたもので、おそらく20年以上前の物。このバーナーを頂いたときのワクワク感は、今でも忘れられません……!愛用していたギアを次の世代へ継承することに、ロマンを感じるのは私だけではないはず。

この長期使用を可能にしているのが、固定式のX字ゴトクです。本体重量は253グラムとシングルバーナーの中では重量級と言えますが、安定性と頑丈さは抜群。そもそも信頼できると評判のプリムス製品の中でも、タフで長持ちすると支持を得ています。

商品情報

出力:4.2kW/3,600kcal/h(T型ガス使用時)
ガス消費量:250g/h
燃焼時間:約55分(IP-250タイプガス使用時)
ゴトク径:120mm
収納サイズ:10.7×10.7×5.9cm
本体重量:253g
ナイロン収納ケース付き

3,600kcalの高出力&防風に優れた構造

とっても丈夫な『プリムス2243バーナー』には、優れた防風性という強みもあります。ゴトクが4つのスペースに区切られているので、一方向から風が吹いて火が消えたとしても、他の3箇所が燃え続けて一定の火力が保たれるのです。

左側から風を受けている状態

パワーガス使用時の出力は3600kcalで上位クラス。気候条件の変化しやすいアウトドアシーンでも頼りになるパワフルなバーナーです。

抜群の安定感と簡単装着でストレスフリー

筆者はメスティンの大サイズでご飯やラーメンをよく作ります。メスティンが大きいので安定するか心配でしたが、全くグラつかず安定感は抜群!小さな子どもがおりますので、メスティンを落としてヤケドさせてしまったら……なんて心配は無用でした。子どもがぶつかって来ない限り問題ないでしょう。

ケースから取り出し、ガス缶にはめ込めこめばすぐに使えるシンプルさも気に入っています。

拡散型だからゴトクを使って大鍋調理も可能

一般的なバーナーの炎の形状は、炎が広範囲に広がる「拡散型」と炎が一転に集中する「直噴型」の2種類あり、『プリムス2243バーナー』は拡散型です。拡散型は鍋全体に熱が回りやすいため、多少大きなサイズの鍋を使用した調理も可能です。

我が家では別のゴトクを用意して、大きめのスキレット調理にも使ったりしています。

強靭さや安定感と引き換えに軽量&コンパクトさに劣る

『プリムス2243バーナー』のゴトク直径はおよそ120mmで、一般的なソロ用クッカーにガス缶と一緒に収納できません。登山者でも『プリムス2243バーナー』を愛用している方はおられますが、バックパックに入れて持ち運ぶのにスタッキング性を重視したい人にとっては、この点は気になるポイントと言えるでしょう。

ソロ&デュオキャンプ、ツーリングにおすすめ

出典:写真AC

ソロキャンプからデュオキャンプといった少人数のキャンプや、バイクツーリングに『プリムス2243バーナー』はおすすめです。筆者はファミリーキャンプで使用していますが、焚き火調理と併用しながらであれば、コンロやツーバーナーを用意せずとも事足ります。

バックパックで持ち運びたい登山者などは、携行性に優れたモデルも検討すると良いでしょう。 例えば、風に強く軽量タイプのシングルバーナーとしては、67グラムのSOTO『マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスターSOD-310』や111グラムのイーピーアイガス『REVO-3700ストーブS-1028 』も人気です。こちらも併せてチェックする価値アリです。

時代を越えて愛される、強靭なシングルバーナー

筆者愛用の『プリムス2243バーナー』をレビューしてきました。以下にあげる特徴が多くのアウトドアマンの心をグッと掴み、長きに渡って愛されてきた理由です。

  • 長く使えるタフモデル
  • 優れた防風性
  • 3600kcalの高出力
  • 調理しやすい拡散型の炎
  • 安定感のあるゴトク

少し重さが気になりますが、キャンプやツーリングといった乗り物を使用するアウトドアシーンであれば間違いなくおすすめです。長い歴史に品質を裏付けされた古き良き伝統モデル『プリムス2243バーナー』ともに、アウトドアを楽しんでみませんか?

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事