キャンパーズベースキャンプラス

キャンプ用品

モンベルが遂にファミリーキャンプに向けたテント『ムーンライトキャビン4』をこの夏発売!

モンベル_ムーンライトキャビン4カラーバリエーション
投稿者:

アクティブなアウトドアスポーツ向けの製品イメージが強いモンベル。キャンプ用品については、ソロやデュオ向けの堅牢な本格的なテントなどが多かったが、なんと2021年夏にファミリーキャンプ向けのテント『ムーンライトキャビン4』を発売するらしい。同社の定番モデルムーンライトの名が入っているだけに登場が楽しみだ。それでは発売を前に少しだけ特徴をご紹介しよう。

ムーンライトキャビン4 は居住性に優れた 2ルームテント

これまでモンベルには見られなかった大型のファミリーキャンプ向けテント。もちろんグループでの使用としても全く問題ない。

本体の高さは205cmもあり、テント内は大人が余裕で移動することができます。また側面がほぼ垂直になっているのでテント内でもノビノビと過ごせそうだ。

インナーテントは長さ2.1mで大人4名が就寝でき、頭上や足元に荷物が少し置けるようになっている。

前室はかなり大きく設計されており、家族4名分のテーブルや椅子を置いたとしてもかなりスペースに余裕がある。

商品詳細

メーカーモンベル
商品名ムーンライトキャビン4
カラーライトタン(LTN)・スプリンググリーン(SPGN)
サイズ本体設営時:W580×D275×H213cm
収納時:W70×D27×H31cm
重量12.0kg(※付属品含む13.0kg)
素材テント本体:68デニール・ポリエステル・リップストップ
[耐水圧1,500mmウレタン・コーティング、難燃加工]
インナールーム:68デニール・ポリエステル・リップストップ
[はっ水加工、難燃加工]
フロア:70デニール・ナイロン・タフタ
[耐水圧2,000mmウレタン・コーティング、難燃加工]
ポール:アルミニウム合金
対応人数4名
定価¥97,900(税込)
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色・価格など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

ムーンライトキャビン4 は簡単設営

『ムーンライトキャンビン4』には、同社の人気モデルであるムーンライトで培った居住性や軽量性をさらに発展させた新構造を採用。堅牢性の高いアルミ合金フレームは、軽く取り回しがしやすく簡単に設営することができる。

インナーテントはトグルなどで本体に固定されており、前後2本のフレームにテント本体(フライシート)をフックで吊り下げればあっという間に完成だ。

ムーンライトキャビン4 は通気性がとにかく抜群

フライシート・インナーテントには、68Dポリエステルのリップストップ生地に難燃加工が施されており、自己消火して燃え広がらないようになっている。

前室3面はメッシュにもなるので、夏は涼しく過ごせそうだ。

フルオープンにすれば、かなり開放的なキャンプが楽しめるのではないだろうか。

多彩なアレンジが楽しめるリビングスペース

全面パネルを付属のポールで持ち上げたり、別途ポールを追加することで、さらに多彩なアレンジが楽しめる。

本体左右に”ムーンライト”を連結することができる

2ルームテントである『ムーンライトキャビン4』の左右パネルを開け、ムーンライトテント4(2020年以降)やムーンライトテント7(2019年以前)を連結させることができる。本体のインナーを取り外せば、まさにアクティブにアウトドアを楽しめるベースステーションになる。

広くて開放底な幕内は家族をアクティブにする

定番人気モデルのであるムーンライトの遺伝子を持ち、居住性や耐風性に優れた2ルームテントは、モンベルの新たな挑戦ともいえる。

登山や極地向けのギアはどれも品質が高く安心して身を委ねられる。そのモンベルから登場したファミリーキャンプ向けのテントだけに期待が膨らむ。

発売は少し先になりそうだが待って損はないテントではないだろうか。

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事