キャンパーズベースキャンプラス

キャンプ用品

キャンツーを快適にするクルーザー専用バッグ『ターポリンサドルバッグWP/WPS』が登場

ドッペルギャンガー_ターポリンサドルバッグ装着例
投稿者:

エントリーライダーに優しく、ベテランライダーも満足できる品質とアイディアを備えた製品を展開するドッペルギャンガーより、全国のクルーザー乗りに向けた専用モデル『ターポリンサドルバッグ WP/WPS』の2モデルが登場。タフな作りと多彩な機能は、キャンプやツーリングをより快適にしてくれる。

レインカバー不要の高い防水性に余裕の大容量サイズ

出典:ドッペルギャンガー

バイクといえば雨天時や悪路での走行も余儀なくされるシーンは珍しくない。しかし、急な降雨やドロ水で大切な荷物が濡れてしまうのは避けたい。今回紹介するサイドバッグはレインカバー不要、さらに容量は2モデルとシーンに合わせて調整できる大容量モデルとなっている。

商品詳細

メーカードッペルギャンガー
商品名ターポリンサドルバッグ WP
ターポリンサドルバッグ WPS
カラーブラック
サイズWP:W400×D180×H350mm
WPS:W400×D180×H290mm
重量WP:約1.3kg
WPS:約1.2kg
容量/積載WP:約20L
WPS:約14L
素材ターポリン
定価WP:¥14,300(税込)
WPS:¥12,100(税込)
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色・価格など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

メンテフリーのターポリン素材が泥や雨から荷物をしっかりガード

出典:ドッペルギャンガー

レザーやナイロン製品とは違い、本体にはハードな使用に耐えれる防水性の高い素材”ターポリン”を採用している。付着した泥水なども拭き取るだけで済むメンテフリーな防水性の高さは流石といっていいだろう。水濡れから大切な荷物を守ってくれるので、移動中も安心して運転に集中できる。

シチュエーションに応じた2種類のサイズをラインアップ

出典:ドッペルギャンガー

ターポリンサイドバッグには、WP(画像左側:容量20L)とWPS(画像右側:容量14L)の2モデルが設定されている。

※画像はWPモデル収納力イメージ
出典:ドッペルギャンガー

デイキャンではWPS、一泊のキャンツーではWP&WPSをサイドに装備するなど、シチュエーションや荷物の量に合わせて選んで欲しい。

出典:ドッペルギャンガー

なお、WPSとWPの違いはバッグの高さのみであり、WPSは少し高さが低くなっている。これはクルーザー系に多いマフラーとサイドバッグとの接触を避けるためだ。

快適さと安心感をかね備えた充実の機能性

出典:ドッペルギャンガー

ペットボトルが取り出しやすいメッシュポケットや、マグカップなどをカラビナで引っ掛けることができるデイジーチェーンも標準装備。

出典:ドッペルギャンガー

ブランドのキーカラーが配された肉厚なフックは同社独自設計のGフックだ。しっかりベルト部分をフッキングしてくれるから、走行中に荷物が飛び出す心配もない。

簡単装着なフレンドリー&セーフティー設計

出典:ドッペルギャンガー

車体への取り付けは、付属のWリングベルトやリアシートボルト用ハングベースのみでOKだ。さらに安定したフィット感を得たい場合は、市販のサドルバッグステーの使用をおすすめする。車体によって装着感は多少異なるので、二輪用品販売店や二輪販売店への相談をおすすめする。

バイク旅にこそ使い勝手抜群のターポリンサドルバッグ

出典:ドッペルギャンガー

サイズの異なる2サイズがラインアップされており、街乗りからロングツーリングまであらゆるシーンで活躍してくれる『ターポリンサドルバッグ WP/WPS』。この夏はコイツでキャンツーに出掛けるのもアリではないだろうか。

\今だけポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す
\今だけポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

関連製品

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事