キャンパーズベースキャンプラス

キャンプスタイル

大型シェルター『Tac.フィールド6.0』コヨーテカラーに無骨なミリタリー色をプラス

ヘリノックス_Tac.フィールド6.0
投稿者:

関西方面よりふもとっぱらキャンプ場へ遠征キャンプを楽しみに来られた”atsushiさん”のサイトをご紹介します。編集部Dのあこがれの名車、ジープのラングラーにヘリノックス幕、それに小物類まで隙のないオサレなコーデは流石の一言でした。

今回のキャンプスタイルで気に入っている点

今回はソロを満喫しようとふもとっぱらキャンプ場へ来ました。普段なかなか来れないキャンプ場だけに、いつ来ても新鮮な感じがして良いですね。

ヘリノックス_Tac.フィールド6.0

テントは最近特にお気に入りのヘリノックス『Tac.フィールド6.0』をチョイスしました。シート中央の大部分はPUコーティングされていて、遮光性が高く夏場はかなり助かります。ポールを追加してフロントを持ち上げればかなり開放感があり、大人四人がゆったり寛げる空間はなかなか快適です。

実はスカートは購入後にプラスしました

ヘリノックス_Tac.フィールド6.0

かなり良い幕なんですが、難点だったのがスカートが付いていなかったこと。夏は通気性が高まり過ごしやすく有り難いのですが、逆に冬は冷たい風が入り込み結構冷えます。

それに野生動物なんかも隙間から入り込んできたりするため、幕を購入後に業者さんにお願いしてスカートを付けてもらいました。

今回はカラーを意識してヘリノックスギアはコヨーテで揃えました。

幕のカラーに合わせて、ヘリノックスのタクティカルチェアや小物類をコヨーテカラーで揃えてきました。他のテーブルやケース類はミニタリー系の雰囲気を意識して他のギアの色味もバラつかないよう統一しています。

商品詳細

メーカーヘリノックス
商品名TAC.フィールド6.0
カラーコヨーテ
サイズ設営時:底面 600×450cm
   :上面 300×200cm
   :高さ 250cm
収納時:直径27×長さ72cm
重量7.23kg(総重量8.7kg)
素材75Dリップストップポロエステル185T(ブラックPUコーティング/耐水圧1500mm)
75Dリップストップポロエステル210T(PUコーティング/耐水圧1500mm)
対応人数4名程度
定価
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色・価格など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

本日のおすすめギア その1

もっと早く買っておけば・・・と感じるくらい楽しめるギア、ソロストーブの『キャンプファイヤー』。丈夫なステンレス構造で筒部分は二重構造になっていて二次燃焼がとにかく凄い。拾い集めた小枝や小さく割った薪を入れると勢いよく燃えてキレイ!ほとんど完全燃焼するから煙も少なくて特に気に入っています。

商品詳細

メーカーソロストーブ
商品名キャンプファイヤー
サイズ高さ:約17cm(収納時)/ 約23.5cm(使用時)
直径(幅):約17.8cm
重量約998g
素材ステンレススチール(SUS304)
ニクロムワイヤー
定価
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色・価格など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

本日のおすすめギア その2

アイアン工房_アイアンテーブルふ太板

なかなか手に入らないギアで苦労しました。こちらはガレージブランドであるアイアン工房の『アイアンテーブル<太板>』になります。フレームや天板のサイズ違いで多数ラインアップされているんですが、インスタグラムでも人気が高くなかなか買えないギアです。スノーピーク製のテーブルIGTスリムと悩みましたが、あまり他の人とカブりたくなかったので『アイアンテーブル<太板>』にしましたw

アイアン工房_アイアンテーブルふ太板

実はこのテーブル、スノーピークのフラットバーナーやプレートバーナーがインストールできるところも一押しなんです。価格もお手頃でコスパも良い逸品です。

商品詳細

メーカーアイアン工房
商品名アイアンテーブル<太板>
カラー鉄脚 つや消しブラック
木材天板 古色ブラウン(U-OIL使用)
サイズ設置時:約H400×W810×D360㎜
重量
素材木材 ヒノキ
鉄丸棒 φ12㎜
定価¥22,000(税込)
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色・価格など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

ハイブランドとガレージブランドが上手くまとまりました

ヘリノックスの『Tac.フィールド6.0』は2018年の発表当時から話題に上がっていた注目のシェルター幕だっただけに、手に入れられた時の喜びはひとしおです。今回は全体的にカラーを意識したこと、それにテーブルや焚火台なども無骨なギアをチョイスしたことで、全体的にバランスよくまとまって大満足なキャンプになりました。

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事