Campersbase Camplus

キャンプスタイル

ヒルバーグ『アトラス』にウナをインした贅沢なソロスタイル

ヒルバーグ_アトラス
投稿者:

ヒルバーグ好きの仲間たちとソログルスタイルを満喫していた”daruさん”。ギリシア神話に出てくる地球を守る巨人からその名をとったと言われる『アトラス』は、他の幕と比べても一際大きくて存在感が半端ないといったところ。今回は同ブランドのウナをインしつつ、シェルター入り口から見えるマウント富士を眺めながら贅沢なキャンプを満喫されたようです。

見た目のカッコよさと幕内から眺める景色が最高なんです

今回はふもとっぱらキャンプ場でヒルバーグ好きの仲間たちとソログルを楽しみにきました。ベースとなるのはヒルバーグの『アトラス』。この幕はダイナミックなデザインと設営が簡単な点が特に気に入っています。グループテントと呼ばれるだけあって中は広くて一人だとスペースを持て余しちゃいそうですw

寝床には同ブランドのウナをインしているので、冬のふもとっぱらでも快適に眠れました。

強風にもビクともしない堅牢な構造は流石の一言

South Poleリサーチ・チームが過酷な環境下で、可動研究ステーションとして7年に渡って成功を収めた信頼の高い幕だけあって、ふもとっぱら名物の突風が吹いてもビクともしない耐風性能は流石ですね。

オプションを追加してさらにスペースを拡大

アトラスの専用オプションであるベスタビュールをプラスして幕内を整理して、ノンストレスな広々とした快適な空間をつくりました。チェアにゆったりと腰を掛けながら、ウイスキーを片手にシェルター内から見る景色は最高です。

製品情報

メーカーヒルバーグ
商品名アトラス
サイズ使用時:425×435×200cm
収納時:約縦57×横46×厚み25cm
重量10.5kg
カラーサンド
材質ナイロン(ケロン2500)
耐水圧5500ml
ポール(DAC社製)
定価¥412,500(税込)
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色・価格など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

本日のおすすめギア その1

SomAbito(ソマビト)の焚き火サイドスタンドです。私はビンテージカラーのロー(高さ302mm)を使ってます。カーミットチェアのサイドにあるとちょうどいい高さなんです。

天板部分にはフックが4つ付いていて、シェラカップなどが吊るせたりと機能的にも気に入っています。足部分の長さはハイとロータイプ、カラーもホワイトアッシュとビンテージとあるので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

製品情報

メーカーソマビト
商品名焚き火サイドスタンド ビンテージ ロウ
サイズ使用時:高さ約302×幅350mm
収納時:脚部長さ450mm
    天板350×350mm
重量約1.4kg
カラービンテージ / ホワイトアッシュ
材質スチール/木
定価¥17,280(税込)
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色・価格など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

本日のおすすめギア その2

珈琲やウイスキーを飲む時に愛用している、CATAPULT FACTORY(カタパルトファクトリー)の『FIKA12(フィーカ12)』です。スウェーデン語で「お茶の時間」という意味らしく、キャンプでゆったりとした時間を過ごしてほしいという作者の想いが込められた商品名のようです。

12角形12面の形状があまりにも手にフィットして持ちやすいので、大好きなウイスキーをついつい飲みすぎてしまいますw

製品情報

メーカーカタパルトファクトリー
品名フィーカ12
サイズ9×5cm(ストラップ含まず)
重量
カラー
材質天然材
定価¥19,800(税込)
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色・価格など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

アトラスでまったり過ごしつつ夜はウナでぐっすり熟睡

思っていたよりも簡単に設営できるアトラス、幕内は広くてレイアウトもしやすく、いつもこの幕には助けられます。今回はカンガルースタイルとしてウナをインしましたが、それでも十分な広さがあり、全く圧迫感を感じることがありませんでした。

夜はカンガルースタイルのお陰もあってかぐっすりと熟睡できたこともあり、今回のソログルも最後までしっかり楽しめて大満足でした。

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事