Campersbase Camplus

キャンプスタイル

レイサ6ウィズスカートで防寒対策OK!家族揃っての冬キャンプ

投稿者:

大人数や家族でのキャンプに人気の絶えないテントといえばノルディスクのレイサ6ですが、スカートが無いため購入するかどうか二の足を踏んでいた方も多いはず。今回ご紹介する”yk.peace.1982”さんのキャンプスタイルでは、スカートが装備された『レイサ6ウィズスカート』を選択されていましたので、実際に冬キャンプに導入してレイサの弱点は克服できているのかどうかも含めて紹介していきます。

今回のキャンプスタイルで気に入っている点

家族との温かい冬キャンプを楽しむために購入した、ノルディスクの『レイサ6ウィズスカート』。以前はスカートが装備されていなかったことがネックで購入をためらっていたんですが、スカート付きが発売されると知り即購入しました。

冷気や虫の侵入を防げますし、スカート部を巻き上げることで通気もできて年中使えそうです。

中は広々して高さがあって開放感ありますね

インナーは4人用と2人用の2つ付属されていて最大6名で使用できます。今回はファミキャンということで4人様インナーを設置しました。

前室はリビングとして十分広く、高さも最大2.1mもあるので、背の高い方でも開放的に感じれるんではないでしょうか。

マウンテンハードウェアのシュラフで防寒対策もOK

今回は真冬のふもとっぱら高原でのキャンプだったので、念には念をということで導入したマウンテンハードウェアの『ファントムゴアテックス-40℃』。あまりに快適すぎて、いまでは他の高性能ダウンシュラフでも満足できない体になってしまいましたw

製品情報

メーカーノルディスク
商品名レイサ6ウィズスカート
※特約店&公式オンラインショップ限定
サイズ使用時:(約)横645×奥行295×高さ210cm
重量
カラーベージュ×ブラウン
材質ポリエステル
定価¥192,500(税込)
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色・価格など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

本日のおすすめギア その1

左側:ハイバック/右側:通常モデル

ロースタイルが多いので、私は信頼性の高いカーミットをいつも使っています。こちらは通常モデルより背もたれが10cm程高く、肩の部分まで包み込んでくれる座り心地が最高なハイバックタイプです。

見ての通り一通りカスタムもしてあって、ナチュラルマウンテンモンキーズ×バリスティックスのマイスターシートにNOVITA(ノビタ)をいれちゃったり、ま〜あれやこれと(汗

自分好みの見た目と座り心地になったので、家族ふくめてかなり満足しています。

製品情報

メーカーカーミットチェア
商品名カーミットチェアハイバック
サイズ収納時:約11×16×67cm
使用時:幅約53×:高さ約71×座面高約32cm
重量約3kg
カラー
材質オーク材・アルミ・スチール・1000デニールナイロン
定価¥44,000(税込)
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色・価格など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

本日のおすすめギア その2

フジカやアルパカがジャストフィットするヘキサテーブル、The Arth(ざぁ~ッス)の『クル次郎ンドル』です。他キャンパーとなかなか被らなく、ストーブガードにもなってファミキャンにもオススメです!

同ブランドのヘキ美サイズのテーブルと組み合わせることで、フラットな天板のテーブルにもなったりと拡張性が高く、ソロやファミキャンなどシーンに合わせて調整できるところなどが気に入っています。

商品情報

メーカーざぁ〜ッス
商品名クル次郎ンドル
サイズ収納時:540×264×162mm
使用時:対面930×内寸(対面)480×高さ250mm
重量8.5Kg
カラー
材質ウォルナット
定価¥88,000(税込)
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色・価格など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

家族や仲間と快適に過ごせた冬キャンプに大満足

家族や仲間とストレスなく過ごせる幕として『レイサ6ウィズスカート』を手に入れることができたのはラッキーでした。気になっていた冬キャンプでの使用感もスカートがしっかり冷気をシャットアウトしてくれて大満足です。フロントや両サイドのパネルを上げればラゲッジスペースとしても使え、インナーを外せば宴会幕としても活躍してくれそうで、これからも長い付き合いになりそうです。

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事