キャンパーズベースキャンプラス

シュラフ

シュラフにはマミー型と封筒型があります。一般的に動き易い封筒型は初心者向き、頭まですっぽり入り、少し窮屈なマミー型は中級から上級者向きといわれています。素材は化繊とダウンの2タイプがありますが、季節に合わせて体温を調整するだけだと性能の差はありません。しかし価格差は大きく、ダウンは非常に高額となっております。これは化繊のシュラフは重くかさばることに対して、ダウンは軽くコンパクトに収納できることが大きな理由です。化繊やダウン問わず、シュラフには”快適温度”など設定されているので、使用する季節に合わせて選ぶ必要があります。

新着記事一覧

【ソロキャンツーを快適にする方法】まずはコンパクト化!ギア選びのポイントなども紹介します!

こんにちは、バイクでキャンプする時の”旅”感が好きでキャンツーにハマっているシュウです。キャンプブームもあり、今年こそキャンツーデビューを考えてる人も多いのではないでしょうか?そこ...

/ March 26, 2021