キャンパーズベースキャンプラス

特集

【キャンプとウイスキーと私】〔第二話〕夏キャンプにおすすめのハイボールが美味しいウイスキーとおつまみを紹介!

キャンプハイボール

夏になるとハイボールが飲みたくなりますよね?キャンプでBBQしながら飲むと本当に格別です。そこで今回の第二話では、ウイスキーで1番メジャーな飲み方である”ハイボール”について、さらにハイボールにピッタリなウイスキーやおつまみなどを紹介します。よければ参考にしてくださいネ!

ハイボールとは?

ハイボールイメージ

ハイボールはカクテルの名称です。ウイスキーをソーダ水で割ったものをハイボールということが多いですが、スピリッツやリキュールをソーダ水で割ったものもハイボールになります。

名前の由来は以下の説が有力のようです。

「ハイボール」の名前の由来の中で一番有名なのは、スコットランドのゴルフ場で当時珍しかったウイスキーソーダ割りを試している所へ、高々と打ち上げられたボールが飛び込んできて、「これがハイボールだ!」と言ったという説です。

引用:「ハイボール」の名前の由来を教えてください。サントリーお客様センター

日本でのハイボールブームは、サントリーの角ハイボールのCMの影響でしょう。誰もが見たことがあり、ハイボールを飲みながら唐揚げを食べたくなったはずです。

ハイボールの美味しい作り方

ハイボールの美味しい作り方

美味しいハイボールを作るには、まずグラスに氷をたっぷり入れて冷やしましょう。溶けた水分は捨ててから、ウイスキーを入れて、炭酸水を氷に当たらないように注いでください。氷に当たると炭酸が抜けてしまうので注意しましょう。

ウイスキーと炭酸水の割合ですが、ウイスキー1:炭酸水3か、1:4が黄金比率です。濃いめが好きなら炭酸水を3にしたり、お好みで変えてみてください。

ハイボールが美味しいおすすめのウイスキー

ニッカ「ディープブレンド」

ニッカ「ディープブレンド」

ニッカウイスキーは日本を代表するウイスキーメーカーです。マッサンでも有名な竹鶴政孝が創業者。彼がいなければ今のジャパニーズウイスキーはなかったかもしれないと言っても過言ではありません。この話をすると長くなるのでまたの機会にします(笑)

そんなニッカウイスキーで、私がコスパに優れていると思うのが、「ディープブレンド」です。Amazonで、700mlで1,621円(※2022年5月執筆時)。ストレートも美味しいですが、ハイボールも素晴らしい。

以下がメーカーのテイスティングコメントです。

ふくらみのある豊かなコクと甘さ、心地良い樽の余韻が楽しめるウイスキーです。新樽ならではのウッディな香りと、バニラを思わせる甘い香り。樽のコク深さと、濃密なモルトの甘さが深くとけあい、豊かで伸びのある味わいを実現しました。ふくよかな味わいが感じられた後、心地良いピート香と樽のほろ苦くまろやかな余韻が口の中にゆっくりと広がります。

引用:ブラックニッカ|アサヒビール

ストレートで飲むとバニラの甘さが濃厚ですが、ハイボールにすると爽やかで爽快な甘みを味わえます。余韻にわずかなピート感もあるので、キャンプ飯にもバッチリです。

バカルディジャパン「デューワーズ12年」

バカルディジャパン「デューワーズ12年」

デュワーズは、スコッチのブレンデッドウイスキーです。デュワーズには複数の種類があり、一般的によく飲まれているのが「ホワイト・ラベル」で、Amazonで700ml、1,416円(※2022年5月執筆時)で販売されています。

そんなデュワーズでも12年は樽で12年熟成させたウイスキーです。ウイスキーは熟成させる年数が増えるほど味がまろやかになるので、美味しくなり、値段も高くなります。

12年という熟成期間は、スコッチでは1番多く、シングルモルトでも12年から、15年、18年のラインナップが多いです。「デュワーズ12年」は、Amazonで2,737円(※2022年5月執筆時)。シングルモルトの12年物が3,000円代が多いので、少し安いです。

しかし、味わいは価格以上。メローなハチミツの香りに、味わいは水々しいマスカットとバニラ。ハイボールにすると更に水々しさがアップし、爽快に飲めます。私はデュワーズが好きなので常備するほどです。

デュワーズには、「カリビアンスムース8年」というラム樽で熟成させた数量限定商品もあります。飲んだ瞬間にトロピカルフルーツのような味わいが広がり、夏のハイボールに最適なので、ぜひチェックしてみてください。

ハイボールにおすすめの缶詰おつまみ

ハイボールにおすすめの缶詰おつまみ

缶詰は、キャンプのおつまみに最適。毎回数種類は買って持って行くほど好きです。そこで、ハイボールにおすすめの缶詰を紹介します。

明治屋おいしい缶詰「国産鶏のオリーブ油漬」

明治屋おいしい缶詰「国産鶏のオリーブ油漬」

鶏肉のアヒージョを缶詰にした商品。明治屋が販売している「おいしい缶詰」シリーズのひとつです。ローズマリーの香りが食欲をそそり、ニンニクと唐辛子のスパイスが絶妙なバランスで口の中に広がります。ハイボールを飲みながら、ちびちび食べるのがおすすめ。

K&K缶つま「広島県産かき燻製油漬け」

K&K缶つま「広島県産かき燻製油漬け」

広島産の牡蠣を燻製油漬けした缶詰。K&Kの缶つまシリーズです。スモーク感のある牡蠣がウイスキーとの相性は抜群。桜のチップでじっくりと燻製しているので、本格的な味わいを楽しめる一品です。

K&K缶つま「たこ燻製油漬け」

K&K缶つま「たこ燻製油漬け」

先ほどの牡蠣と同じ缶つまシリーズのたこバージョンです。燻製油でしっかりと漬け込まれているので濃厚。柔らかく、しっとりとした食感のたこは絶品ですよ。もちろんハイボールとの相性もバッチリです。

ハイボールを楽しむために便利なギア

スタンレー「真空グロウラー1.9L」

スタンレー_真空グロウラー1.9L使用イメージ

保冷力で人気の高いスタンレーですが、「真空グロウラー1.9L」は特に保冷力に優れています。本来は、ビールなどの炭酸飲料を持ち運ぶために使用するので、炭酸が抜けない構造になっており、密閉力は半端ないです。その為、保冷力も秀でています。

キャンプでは高い保冷力を活かし、氷の保管に使用しているキャンパーも多く、もはやハイボールには必須といえるのではないでしょうか。ハイボールは氷をたくさん使うため、「真空グロウラー1.9L」があればキンキンに冷えたハイボールを何杯でも楽しめますよ。

プラキラ「ゆらぎタンブラー」

プラキラ_ゆらぎタンブラー

保冷力が高い真空タンブラーで飲むのも美味しいですが、飲み物の色が見えないのは何か味気ない。キャンプでも、グラスで飲みたいけど割れてしまうリスクが高いので、控えている人も多いのではないでしょうか?

そこで、おすすめがプラキラ「ゆらぎタンブラー」です。見た目はグラスっぽいですが、トライタンという素材で、プラスチックと違い透明度と耐久性が高いのが特徴。しかも、熱にも強いので温かい飲み物も飲めます。

真空タンブラーは口あたりは冷たいですが、「ゆらぎタンブラー」の口あたりは、優しく、飲み物が美味しく感じます。

夏はハイボールで楽しいキャンプを!

出典:Instagram(@zenmaniacs)

暖かくなると喉越しよい炭酸飲料が美味しくなります。私はビールも好きですが、ハイボールも大好きです。ビールはすぐにお腹がいっぱいになりがちですが、ハイボールであれば満腹感が少なく、キャンプ飯もたくさん食べれますよ。

それに糖質が少ないウイスキーは、ダイエット中の人に特にオススメ。ハイボールは脂っぽいキャンプ飯と相性が良いお酒としておすすめします。

まずは、今回紹介したウイスキーでハイボールを試してみてください。どちらもウイスキー愛好家からも評価が高いものです。グラスにもこだわってみると、びっくりするぐらい印象が変わるので試してみてくださいね。

関連記事

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事