キャンパーズベースキャンプラス

キャンプ用品

【ポータブル電源特集】進化が止まらない!キャンプ&防災用に大活躍の注目モデルをピックアップ

ポータブル電源特集アイキャッチ
投稿者:

キャンパー界隈では「ポタ電」の愛称でおなじみ、災害時の備えとしても今注目を集めているポータブル電源。バッテリーが内蔵されていて、電気がない場所でも電力供給が可能な便利アイテムです。そこで今回は、ポータブル電源のメリット・デメリットや選び方、おすすめのメーカー・モデルをご紹介していきたいと思います。

ポータブル電源がキャンプにおすすめの理由

ポータブル電源特集
出典:Jackery公式

キャンプは自然の中での生活を楽しむものですが、野外に居ながらにして普段の生活のように電気が利用できるとかなり便利です。そこで大活躍なのがポータブル電源。

夏は扇風機、冬なら電気毛布といった暑さ・防寒対策を容易に行うことができ、スマホ充電の残量を気にすることなくキャンプが楽しめます!

ポータブル電源のメリット&デメリット

ポータブル電源特集
出典:PhotoAC公式

メリット

キャンプのみならず災害時など、電源がないどんな場面でも電気が使用できること。そしてモバイルバッテリーとの大きな違いは、大容量で高出力にも対応できる点にあります。発電機より音が静かで、排ガスが出ない分室内使用が可能なのも大きなメリット。

デメリット

手軽に購入ができるモバイルバッテリーと違い、価格は約3~20万円とけっこうお高い。また、容量やデザインによってもさまざまですが、小型なものでは3kg、大きいもので10kg以上の重さがあるため、ほとんどのモデルは車での移動が前提となります。熱や感電に気をつけなければならないというリスクもあります。

ポータブル電源を選ぶときのポイント

ポータブル電源

ポータブル電源と一言でいっても、容量や価格、出力ポートの種類や数、本体の蓄電方法、デザインなど、比較する項目が多く迷いますよね。ここでは購入の際に確認するべきポイントを紹介します。

容量を確認する

用途別バッテリー容量

ポータブル電源のバッテリー容量は「Wh(ワットアワー)=1時間の消費電力」を確認します。あくまで目安ですが、日帰りのときは200~300Wh、キャンプや車中泊には350~500Wh、防災用の備えには1000Wh以上のポータブル電源が必要といわれています。

出力ポートを確認する

出典:Jackery公式

ポータブル電源は、さまざま出力に対応。家庭用の家電製品が接続できる「AC出力ポート」、車載専用の家電製品が接続できる「DC出力ポート」、スマホやタブレット端末の充電ができる「USB出力ポート」など、用途に適した商品を選びましょう。

家電側の出力を確認する

定格出力=安全に使用できる電力量(定格電力○○W/ワット) が決まっていて、その出力を越える家電製品は使用できません。ドライヤー・炊飯器・電器ケトルといった消費電力の高い家電を使う場合は、定格出力が大きいポータブル電源が必要です。

出力波形を確認する

電気の出力波形は大きく分けて「正弦波」と「矩形波」の2種類。「正弦波」は、家庭用コンセントと同じ出力波形なのでほとんどの家電で使用可能。「矩形波」は価格が手頃ですが、使用可能な電化製品が限られているのでご注意を。

おすすめのポータブル電源を5メーカーからご紹介

ポータブル電源_人気ブランド

どのメーカーもバッテリー容量ごとにさまざまなモデルがラインアップされています。人気の5ブランドからおすすめのモデルを厳選してご紹介します。

ポタ電のトップブランド「Jackery (ジャクリ)」

ポータブル電源特集
出典:Jackery

創立メンバーにAppleの元バッテリーエンジニアが加わり2012年米国で設立されたブランド「Jackery (ジャクリ)」。Amazonや楽天などのECモールでは圧倒的人気を誇ります。中でも売れ筋は定格出力「1000W」の『ポータブル電源 1000』。

Jackery(ジャクリ)
¥49,300 (2022/07/05 15:49時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す
Jackery(ジャクリ)
¥84,500 (2022/07/05 15:49時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す
Jackery(ジャクリ)
¥139,800 (2022/07/05 15:49時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す

信頼と実績の「Anker(アンカー)」

ポータブル電源特集
出典:Anker公式

モバイルバッテリーの先駆け的存在となった「Anker(アンカー)」からもポータブル電源がリリースされています。つい先日、従来の約6倍の長寿命バッテリーを搭載した『Anker 521 Portable Power Station』が新登場したばかり。

Anker
¥29,900 (2022/07/05 23:55時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す
Anker
¥49,900 (2022/07/05 23:55時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す
Anker
¥89,900 (2022/07/05 23:55時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す

女性にも人気「Power ArQ(パワーアーク)」

ポータブル電源特集
出典:Power ArQ公式

2012年に創業した加島商事が立ち上げたSmartTap(スマートタップ)のポータブル電源ブランド「Powe ArQ(パワーアーク)」は、思わず持って歩きたくなるオシャレなデザインと豊富なカラーバリエーションが特徴。グッドデザイン賞受賞も納得です。幅広い機能性を持った『PowerArQ 2』が人気。

Smart Tap(スマートタップ)
¥34,100 (2022/07/05 15:49時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す
Smart Tap(スマートタップ)
¥59,800 (2022/07/05 15:49時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す
Smart Tap(スマートタップ)
¥66,000 (2022/07/05 15:49時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す

安心の国産メーカー「LACITA(ラチタ)」

ポータブル電源特集
出典:LACITA公式

「LACITA(ラチタ)」 のポータブル電源「エナーボックス」は、電気自動車でも使われている三元系リチウムポリマー電池を採用。そして防水機能搭載で、悪天候や水辺でも使えるのが特徴です。『エナ―ボックス01』がおすすめ。

LACITA(ラ・チタ)
¥69,800 (2022/07/05 15:49時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す
ラ・チタ(Lacita)
¥61,515 (2022/07/05 23:55時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す
LACITA(ラ・チタ)
¥82,800 (2022/07/05 23:55時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す

スピード充電が強み「EcoFlow(エコフロー)」

ポータブル電源特集
出典:EcoFlow

ドローンメーカー「DJI」出身のメンバーによって設立されたポータブル電源メーカー「EcoFlow(エコフロー)」。従来のポータブル電源は充電に時間がかかるのが弱点でしたが、同社のポータブル電源は、わずか1時間で80%、2時間でのフル充電が可能に。

EF ECOFLOW
¥39,600 (2022/07/05 15:49時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す
EF ECOFLOW
¥63,800 (2022/07/05 15:49時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す
EF ECOFLOW
¥115,500 (2022/07/05 23:55時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す

ポータブル電源は連泊キャンプの強い味方!

出典:Instagram(@yassan236

yassan236さんは3人で電気毛布を使用して8時間ぬくぬくだったそう!

大容量のポータブル電源があれば、気兼ねすることなくスマホや電化製品を使用でき、キャンプや車中泊の連泊も余裕です!普段の生活で使い慣れた家電を野外でもそのまま使えるのがいいですよね。

また、ソーラーパネルを使用すれば太陽光での充電が可能に!電源まわりの装備をワンランクアップしてみてはいかがでしょうか。

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事