キャンパーズベースキャンプラス

キャンプ用品

コスパ良すぎっしょ!?ワークマン『真空ハイブリッドコンテナ』の保冷性能はマジでお値段以上

こんにちは、ソロキャンパーのGURIOです。グイグイと気温が上昇してきて少し汗ばむ今日この頃、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?私は夏キャンプに備えてワークマンの真空ハイブリッドコンテナを購入しました。昨年から密かに狙っていたこのアイテム。実際に使って分かった見た目を裏切るそのパフォーマンスの高さとはいかに!?ご興味ある方は最後までご覧くださいね♫

快進撃が止まらないワークマンのアウトドアギア

出典:ワークマン公式

連日メディアで報道されているように、今年のワークマンはかなり本気モード!アウトドア業界の流れを一変させる勢いで、次から次へとキャンプ用品を投入してきています。2022年は130品目投入といったところからも、その本気度が伝わってきますね。

売切れ続出! FieldCore『真空ハイブリッドコンテナ』

出典:ワークマン公式

今回ご紹介する『真空ハイブリッドコンテナ』は、ワークマンの”AEGIS(イージス)”というブランドで販売されていましたが、今回はデザイン&性能をアップデートして、別ブランドであるFieldCore(フィールドコア)から発売となったようです。ワークマン内でアウトドアに特化したブランドということもあり、改めて注目の高いジャンルにふってきましたね。

ワークマン_真空ハイブリッドコンテナ

カジュアルなウェアからテントなど本格的なキャンプギアが目立つなか、一風かわったフォルムが特徴の『真空ハイブリッドコンテナ』。なんとこの製品がいま飛ぶように売れており、全国で売切店が続出している。

それでは今日は『真空ハイブリッドコンテナ』の特徴や保冷剤をプラスした収納性などをしっかりレビューします!

アップデートされた『真空ハイブリッドコンテナ』

ワークマン_真空ハイブリッドコンテナ蓋

アップデートポイント

  1. デザイン変更・カラーラインナップ(3色)
  2. 転倒防止用スポンジを追加
  3. 保冷&保温効果を高めるパッキン追加

大きな変更はされておらず、前モデルとの性能の差もあまり感じられない程度なので、もし前モデルをすでに持っている場合は、わざわざ買い替える必要ないでしょう。

1:デザイン変更&カラー追加

サイズは高さ約285mm(ハンドル除く)、本体横幅約175mmの筒状となっていて、前モデルと同様となっており、カラーはブラック、ブラウン、シルバーの3色に拡大。デザインは少し変更が加えられ、一部のキャンパーからは「キャンプで映える」と評判は上々のようです。しかし、個人的には今ひとつ物足りないため、時間を見つけてオリーブ系にペイントしてステッカーチューンする予定です。

2:転倒防止用のスポンジを追加

本体裏面には前モデルになかった転倒防止用のスポンジが配されています。効果を試そうと撮影時にウッドロールテーブル上で傾けてみましたが、微動だにしなかったので、傾斜のついたところに置いても滑り落ちることはなさそうです。

3:保冷&保温効果を高めるパッキンを追加

蓋裏は厚みがあり、ある程度の外気温をカットしてくれる。厚みがあるお陰で蓋を閉めた際にしっかり真空になり、保冷&保温効果を高めてくれる。また、2022年の最新モデルにからシリコン製のパッキンが追加されたことで、より密閉性が高まり保冷&保温効果もアップしたようです。

特徴と操作の注意点

特徴1:保冷&保温効果を生み出すロックシステム

ワークマン_真空ハイブリッドコンテナ開閉システム

前モデルと同様に本体に上部に取り付けられている取手が、本体と上部の蓋部分を固定している。方法は一目瞭然ですが、OPEN側に取っ手を倒すと蓋が外れ、逆にCLOSE側に取っ手を倒すと蓋が閉まり密閉されます。

上側がロック状態、下側がオープン状態です。少し離れたところからだとロックされているか分かりづらいため、できれば一目で分かるようにアップデートしてほしいところ。

注意点 蓋の向きを間違えない

ワークマン_真空ハイブリッドコンテナロック部分

実はこの『真空ハイブリッドコンテナ』、”L・R”と左右がしっかり決まっているため、閉めるさいに蓋の向きを間違えてしまうと本体が破損してしまうので注意が必要です。

実際に気が付かずに逆向きで蓋を閉められるため、ロック部分の右端を変形させてしまいました。一応まだロックはできるので大きなダメージではないですが、密閉製が落ちる可能性もあるため、皆さんもお気をつけください。

これは見落としがちな部分となるため、アップデートがあれば改善して欲しい点の一つです。

注意点 必ず取っ手は”ロック側”へ倒す

持ち運ぶさいは当然取っ手を持ちますが、この状態は蓋がしっかりロックされておらず、このままテーブルなどに置きっぱなしで使用すると真空状態になっていないので、置いた時や蓋の開閉をするさいはしっかりロック側に倒しておくように注意しましょう。

特徴2:収納スペース4.6Lの実力とは?

ペットボトル500mlの場合

真空ハイブリッドコンテナ_収納性ペットボトル編

まずはペットボトルでテスト。メーカー公式には500mlが最大4本収納可能と紹介されていますが結果はどうでしょうか。

ペットボトル500mlを4本入れたところピッタリ入った。もちろん高さは問題ない。しかしペットボトルの形状は様々あるため、一部で4本入らないものもあるため事前にチェックが必要です。保冷剤(クーラーショックSサイズ)を1点入れた状態でもチェックしてみましたが、結果は3本が限界。これもペットボトルの形状によって入らない場合があります。

ビール缶500mlの場合

次にビール缶500mlでチェック。

こちらもペットボトル500mlの4本と同様の結果となりました。保冷剤(クーラーショックSサイズ)を1点入れた状態も同様に3本が限界。

ビール缶350mlの場合

次にビール缶350mlでチェック。個人的には一番気になるチェックであり、できればMAX8本入ればかなり有り難いところ。

結果として保冷剤ナシだと6本、保冷剤アリで4本と残念な結果となりました。キンキンに冷えたビール缶であれば6本も入れば上出来かもしれないが、保冷剤を追加することで保冷力(時間)が伸びることから個人的には今ひとつといったところ。

他のオーナーさんの対応策を調べてみると

出典:Amazon

ネットで色々調べると目から鱗のナイスアイデアが見つかりました。ロゴスの保冷剤「氷点下パック コンパクト」を使うプラン。直径6.2cm程度で『真空ハイブリッドコンテナ』に4個並べて入るらしく、こちらをビール缶の底に敷く方法であれば5本まで入れることができますね。若干コストはかかるけどキンキンに冷えたビールを飲むためには仕方のない出費かと。いまのところはこれが最適案ではないでしょうか。

ロゴス(LOGOS)
¥891 (2022/06/24 17:02時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント10倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

注意点 飲み物や氷を直接入れるのはNG

「氷を直に入れちゃダメなのか?」メーカー公式としてはNG。飲料水や氷などは直接入れちゃダメみたいですね。具体的な理由は記載されていなかったですが、恐らく蓋の閉まり具合によっては、液体などが漏れたりする恐れがあるからだと思われます。ここさえしっかり対応しておけば問題ないかと。っとはいうものの、ここは自己責任となりますのでチャレンジされる方は十分ご注意ください。

収納性の改善をお願いしたいところ

最も改善してほしい点がサイズ。あと直径が3cm、高さが3cm程度大きければ、350mlのビール缶が2段済みでき、上手くいけば8本入るはず。。。

いまの状態だと8本入れると蓋が閉まらない。保冷効果やコストなどあらゆる面を考慮してこのサイズになったと思われますが、可能であれば次回のアップデートでお願いします、ワークマンさん!

特徴3:保冷&保温効果アップ

冷蔵庫で丸一日冷やしたビール缶1本のみを『真空ハイブリッドコンテナ』に入れ、昼は外の日陰で24〜28℃で、夜間は自宅内で20〜24℃の環境で合計24時間放置して翌朝チェックしてところ、ビール缶は少しヒンヤリしていたものの、中身は常温より少しマシといった状態。次に保冷剤(クーラーショックS1点)を追加して同様のテストをおこなったところ、保冷剤は溶けていたものの、ビール缶はかなり冷えた状態をキープしていた。

¥792 (2022/06/24 17:02時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント10倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

メーカー公式の保冷&保温試験グラフ

メーカー公式のグラフではかなり効果が高くあるように見えますが、個人的に保冷効果については『真空ハイブリッドコンテナ』単品だけでは、24時間後の効果は感じにくいと思われます。アウトドアで何度も開け閉めすることなど考慮すると、なんらかの保冷剤をプラスすることで24〜30時間は保冷効果を得ることができると感じました。なお、保冷効果を高めるには保冷剤をさらにプラスするとより効果はたかまると思われます。

一例ですが、保冷剤を入れてスーパーに買い物に行き、ドリンクと冷凍食品を数点購入して車内温度28℃)で6時間ほど放置したところ、少し解凍され出したかな?といった状態でした。保冷効果はありますが、より安全に安定した効果を得たい場合は、やはり保冷剤のプラスをおすすめします。

ペイントやステッカーチューンでワンランクアップ

出典:Instagram

見た目が丸っこくて単色ベースのため、物足りないユーザーはオリジナルペイントを施したり、好みのブランドのステッカーを貼ってみたりしてと、すでにインスタでも話題になっている。保冷&保温効果については、価格以上の満足感は得られるはずなので、興味のある方は購入を検討してみてはどうでしょうか?

コスパはいい!でもワンサイズアップしてほしい!

最初は全く興味を持てなかったこの『真空ハイブリッドコンテナ』。価格は2,500円程度ということもあり、テスト的に購入してみましたが、いまではキャンプやスーパーでの買い物で常用してるほど。本来は単品での使用がベースとなっているけど、保冷剤をプラスすることで飛躍的に効果を高めることができるので、ぜひやってみてほしいです。

個人的には「クーラーボックスの容量を少しアップできたら・・・・」といったキャンパーに丁度よいかと、また仕事でデスク横に置いて”マイ冷蔵庫”になるという声も高いので、気になる方はゼヒ!

最後まで読んでくれたみなさんに耳寄りな情報

関連記事

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事