キャンパーズベースキャンプラス

キャンプ用品

ツールームテントなら間違いなくこれ!ファミリーからカップルまで人気の3選紹介!

erryblog 投稿者:

最近キャンプ場にて、かなり目にすることが多くなったツールームテント。これから買い替えをお考えの方も多いのではないでしょうか。今回はファミリーからカップルまで絶大な人気を博しているツールームテント3点をご紹介。それぞれ分かりやすく特徴をサクっとまとめました。ogawa 『アポロン』・snow peak 『ランドロック』・DOD『 かまぼこ』、さてさて気になる人気の秘密とは?

オガワ『アポロン』日本の気候にピッタリな開放的な幕

オガワ_アポロン01

老舗ブランドで有名なオガワ。そしてその中でも人気の高い『アポロン』。見た目はシンプルだけれども、機能美を感じさせられます。

210デニールのフライシートは、厚みもあってかなりしっかりしており、耐水圧も1800mmと申し分ないスペックです。また『アポロン』には、75デニールのルーフフライ(耐水圧1800mm)もついているので、雨の日も安心してキャンプを楽しめます。

オガワ_アポロン

特に剛性に優れたテントであり、アーチ状に縦に配された3本のリッジポールが、しっかりと幕を自立させ強度を高めてくれ、風の強い日も不安を感じることはありません。そんなこともあり、我が家では初張りの日にお気に入りトップにランクインしちゃいました。

キャンプでの急な雨や風は日常茶飯事なことなので、しっかりとした素材だと安心感が違いますね。

設営も横方向のポールをスリーブに通して前後2箇所をペグダウンして立ち上げます。3本の縦方向のポールを通す事で簡単に自立するので設営時間も短く済みます。1〜2回の設営ですぐ慣れてしまう簡単な構造なのは嬉しいポイント!

オガワ_アポロン

サイズの大きな『アポロン』、かなり手間がかかるかと思いきや、コツさえつかめれば女性でも簡単に設営できる構造になっていいます。やはりアウトドア業界のパイオニア、オガワの歴史を感じさせられました。笑

さらに全面開閉が可能で、出入り口がレイアウトによって自由に決められる点は『アポロン』最大の特徴であり、私が特に気に入っているポイントでもあります。

そして室内は非常に高く、テント内で中腰にならなくて良いのは、腰痛持ちのママにはかなり大きなメリットだったりします!

オガワ『アポロン』が人気の理由まとめ

オガワ_アポロン
  • 日本の気候に最適な全天候型テント
  • 全面解放できるフルメッシュ型
  • 5人用の吊り下げ式インナーテント込み
  • ルーフフライシートも標準装備でお得
  • UVはもちろん雨風にも非常に強い
  • 3本のリッジポールが全体の強度を高めます

製品詳細

全体のサイズ長さ435(最大585)×横320×高さ205cm
インナーテント210×300cm
収納時のサイズ80×45×35cm
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

スノーピーク 『ランドロック』驚きの広々空間

スノーピーク_ランドロック

玄人キャンパーからビギナーまでを虜にしてしまうブランドといえばスノーピーク。そんなスノーピークの中で、ひときわ輝きを放つ『ランドロック』。迫力のある存在感。ポールも太くしっかりとしたテントです。ちなみに、こちらはお友達のテントになります。

本体は150Dポリエステルオックス(ウォール部:耐水圧1800mm/ルーフ部:耐水圧3000mm)となっており、大雨が降ったとしても、雨漏りなどに悩まされることはまず無さそうですね。

スノーピーク_ランドロック
スノーピーク_ランドロック

そして横幅もワイドな構造なので、大人数でシェルターとしても利用ができます。室内が広いため、色々なレイアウトを楽しめるのもポイント!また天井高があるので、締め切っても子供達が遊べるほどのゆとりがあり、満足のいく広さになっています。

ワイドなインナーテントも大人4人でも余裕で寝転がれる広さです。吊り下げタイプで簡単取り付け、且つ高さ190あるので、多少室内に荷物を置いても狭く感じないところが広さの魅力です。

スノーピーク『ランドロック』が人気の理由まとめ

DOD_かまぼこテント
  • 剛性の高いワークフレーム
  • 非常に風に強いためオールシーズン可能
  • 前後のパネルを跳ね上げることが可能なため解放感のある空間に
  • インナーを使用しなければルームシェルターとしても使用可能
  • 両サイドに出入り口を用意
  • 強い日差しから守ってくれるシールドルーフ

製品詳細

全体のサイズ長さ625×横405×高さ205cm
インナーテント約370×240cm
収納時のサイズキャリーバッグ75×33×36cm
フレームケース72×17×22cm
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

DOD『 かまぼこテント』価格も手頃で広さは◎

画像:DOD かまぼこテント2

幅広い年齢層から愛されるブランドDOD。特に人気なのがこちらの『かまぼこテント』。可愛すぎずどこにでも馴染みやすいデザインが人気なようです。毎年新しいモデルがリリースされていますが、即完売になる人気ぶり、入手困難で抽選販売になっているほどです。

4本のスリーブにポールを入れてペグダウンするだけ、シンプルな構造なので簡単に設営もできますね。縦長のトンネル構造で高さも195cmもあり、全体的に広々とした空間になっています。10人位の宴会用幕としても問題なく使えそうです。レイアウトも様々なアレンジができ楽しめそうですね。

DOD_かまぼこテント

大抵のツールームテントは重量がある為、女性一人で運ぶのは非常に大変ですが、『かまぼこテント』にはジュラルミンなどの軽量素材が採用されているため、重量も約16.1kgとツールームテントにしてはピカイチ!

最近ではサイズ展開も豊富な為、ご自身のキャンプスタイルに合わせたサイズやカラーが選べるのも人気の高いポイントになるようです。

DOD『 かまぼこテント』が人気の理由まとめ

DOD_かまぼこテント
  • コンパクトなパッキング
  • オールシーズン対応
  • カラーバリエーション、サイズ展開も豊富
  • フルメッシュ対応
  • 日本のキャンプサイトに合わせて設計されたサイズ
  • 別売りのタープを接続して広く使用することも可能
  • インナーテントに大型ポケット
  • アルミ合金製のテントポールは強度と軽量性を両立
  • お手頃価格でツールームテントとしコスパはかなり高い

製品詳細

全体のサイズ長さ640×横300×高さ195cm
インナーテント約280×220×190cm
収納時のサイズ68×32×32cm
※メーカー様にて商品改良により重量・サイズ・色など設定が変更されている場合がございます。ご購入の際は、メーカー様・販売店様にご確認ください。

ツールームテントのまとめ

ツールームテント

数多くのツールームテントがある中で「これだ!!」と決まるまで非常に悩む大きな買い物、価格もそれなりに高くじっくり選びたいところ。

デザインや機能性、それに価格も重要だ!っと悩んでしまってなかなか決められない時は「ここだけは譲れない!」っという、自分がキャンプで一番重視したい点を決めておくと見つけやすくなりますよ。

またキャンプ場でたくさんのテントが展示されていると思って、そこから実物をいろいろ見て比較して決めるのもかなり良い方法の一つだと思います!是非「これ!」と思うものを見つけてみてください!

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事