キャンパーズベースキャンプラス

キャンプギア

【テント泊初心者必見!】初めての テント泊登山装備 絶対揃えておくべき必携アイテム10選

テント泊登山装備_防寒着
投稿者:

初心者こそテント泊をしろ!山の魅力を最大限味わうことができるのがテント泊登山です。美しい星空、皆で作るキャンプ飯、早朝の山の空気。最高の体験になるはずです!だけど、実際にどんな装備をそろえればいいのかわからず、不安ですよね。体力的にテント泊装備をザックにつめて、歩けるのかも心配だと思います。安心して下さい!テント泊装備の正しい知識を身につければ、初心者でもすぐにテント泊を、楽しむことが出来ます。

簡単チェック! 必要な テント泊登山装備 をリストアップ

テント泊登山装備_テント場の風景

テント泊に必要な登山装備をリストアップしてみました!これさえあれば大丈夫。テント泊登山に挑戦する際は参考にしてみて下さい!

テント泊登山装備

  1. 山岳用テント
  2. シュラフ
  3. ザック
  4. クッカー
  5. マット
  6. ガス&バーナー
  7. ヘッドライト
  8. 防寒着
  9. モバイルバッテリー
  10. レインウェア

それでは1点づつ選ぶべきポイントなど含めて紹介していきます。

テント泊登山装備 ①山岳用テント モンベル『ステラリッジテント3』

テント泊登山装備_夜のテント泊

テント泊登山まずはそろえたいのがテントですよね。テント泊で使うテントはキャンプのテントと違い、軽量化されていることと、かさばらないことが特徴です。

数あるアウトドアメーカーの中でもコスパと性能を兼ね備えているのがモンベルの『ステラリッジテント3』レインフライを含めた総重量が1.75kgと非常に軽く、かさばりません。

最もおすすめのポイントは設置が非常に簡単なこと。慣れれば約7分程度で設置が可能です!
設置がとても簡単なことがテント泊登山初心者におすすめなポイントです。軽量でコンパクト、価格も手が出しやすく初心者におすすめ。

テント泊登山装備 ②シュラフ ナンガ『オーロラ450DX レギュラーサイズ』

テント泊登山装備_寝袋で寝た朝

山の夜は非常に冷えます。快適な夜を過ごすために必要なのがシュラフ。テント泊登山において欠かすことの出来ないものの一つです。ナンガの本製品を選んだ理由は抜群の防水性から。

防水性が高いため、シュラフカバーを使う必要がありません。また、3シーズン対応なので、登山テント泊初心者の方にも非常におすすめです。

天候、気温の変化の激しい高山ではそれらに対応して過ごすことが重要になります。軽量かつ、天候、気温の変化に柔軟に、対応出来る本製品はとても重宝しています!

テント泊登山装備 ③ザック オスプレー『アトモスAG65』

テント泊登山装備_それぞれのザック

テント泊をする際のザックは山岳用テントと寝袋をパッキングする必要があるため、最低でも50ℓ以上の容量が必要です。さらに、ザックの背負いやすさも重要。ついつい重さだけに目を向けがちですが、背負い心地が悪いと想像以上に疲労がたまります。

本製品は65リットルと十分な容量を持ちながら重さは役2kg。さらに背中の中空メッシュと曲面が身体にフィットし、余計な重さを感じさせません。品質も十分ですが、コスパの良さが選んだポイントとして大きいです。特に、初心者の方はアウトドアギアの費用の高さに驚いているはず。オスプレイはその中でもコスパの良いメーカーです。

テント泊登山装備 ④クッカー モンベル『アルパインクッカー14+16パンセット』

テント泊登山装備_クッカーセット

クッカーはいくつかスタッキングして持っていけるものが便利ですよ!テント泊登山ではできるだけコンパクトに、荷物を、まとめたいですもんね。『モンベル アルパインクッカー14+16パンセット』は3つのクッカーをスタッキングして、持って行けるのでとても便利。

さらに、アルミ製なので熱伝導がよく、調理もしやすいのです。クッカーのなかには下ごしらえを済ませた食材を入れていくと良いですよ。

テント泊登山装備 ⑤マット サーマレスト『リッジレスト ソーライト』

テント泊登山装備_マットを携帯したザック

高山でのテント泊、冷気は特に地面から伝わります。さらにでこぼこの固い地面で寝るとなるとせっかくの心地よい非日常空間が台無しですよね。そんな時寝袋の下にしく、マットはとても重宝します。

本製品はテント泊用マットレスの定番の1つ。コスパの良さに加え、表面にアルミコーティング施されており、非常に暖かいのが特徴です。移動時は雨蓋とザックの間に入れて持ち運んでいます!

テント泊登山装備 ⑥ガス&バーナー プリムス『P-153 ウルトラバーナー』

テント泊登山装備_ガス&バーナー
※写真は参考イメージです。

テント泊の魅力の1つとして、食事がありますよね!疲れた身体をいやすため、簡単かつ美味しい食事を追求してみましょう。さらにテント泊の魅力にハマっていくはずです。

そこで調理に必須なのが火器。ガスとバーナーは高火力かつコンパクトで軽量なものを選びましょう。本製品は116gとても軽く、コンパクトなのでとても重宝しています!OD缶と合わせると少し高さが出て、安定感がないのは気をつけた方がいいかもしれません。風の強い、場所だと鍋やフライパンが倒れてしまいます!

テント泊登山装備 ⑦ヘッドライト ブラックダイヤモンド『スポット325』

テント泊登山装備_ヘッドライト

日帰り登山でも、いざという時のために必ず持っていった方がいいのがヘッドライト。テント泊では夜行動するのに必須の装備になります。光が強く電池の持ちがいいのがおすすめですよ!電池の予備もお忘れなく。

この『ブラックダイヤモンドスポット325』はシンプルなデザインながら、強い光と電池が長く持つので非常に便利。防水性なので、雨の中での使用も問題なく使えるのも嬉しいです!

テント泊登山装備 ⑧防寒着 パタゴニア『ダウンセーターフーディ』

テント泊登山装備_防寒着

登山の服装で重要なのがレイヤリングという考え方。天気や気温の変化に柔軟に対応するため、重ね着をして衣服の着脱で体温を調節します。

動いている時は暑いので薄着ですが、止まっている時はすぐに冷えるので、防寒着を着ましょう。特に夜寝る時などは冷えるのでしっかりと着込んで寝るのがおすすめです!

『パタゴニア ダウンセーターフーディ』は軽くかさばらないので、驚くほど暖かいですよ

テント泊登山装備 ⑨モバイルバッテリー アンカー『PowerCore 10000』

テント泊登山装備_モバイルバッテリー

テント泊登山で怖いのがスマホの電池切れです。ついつい写真や動画をとることに夢中になり、電池を食うことも。登山用地図アプリを利用している場合はなおさらです。

『アンカー PowerCore10000』は軽量ながら10000mAhと非常に大容量。筆者は登山用地図アプリの利用と写真もスマホで撮っているため、10000mAhの大容量充電器はとても重宝しています!

テント泊登山装備 ⑩レインウェア モンベル『レインダンサー ジャケット』

テント泊登山装備_レインウェア

登山において、雨具も非常に重要なギアの1つです。天気の変わりやすい山では雨具を持っていないことは命取り。雨で濡れた衣服は急速に体温をうばいます。

そうならないためにも確実に、水を弾くレインウェアを持っていくようにしましょう!『モンベル レインダンサージャケット』は比較的安価ながら機能性は十分。強度も高いので、長く使えるのも魅力です。防水性は乾燥機にかけることで復活するのも面白いですよね。

あると便利なプラスα

ダクトテープ

出典:Amazon

ダクトテープがあると、テントやウェアの補修に、とても役立ちますよ!いざという時、テントやウェアが破れていると非常に困りますもんね。簡単に携帯でき補修力も強いのでダクトテープは持っている価値ありです。

サンダル

モンベル ロックオンサンダル
出典:楽天

サンダルは筆者は必須アイテムの1つです。テント場についてリラックスした後はいちいち登山靴をはくのもめんどくさいのです。私が愛用しているのは『モンベル ロックオンサンダル』デザインがとてもかわいいので気に入っています。また、かかとが固定出来るので軽い運動も問題ありません。

まとめ

テント泊登山装備
出典:PhotoAC

今回は初めての テント泊登山装備 に必要なアイテムを10選紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

これから夏の季節だからといって、軽装でテント泊登山に望むのは危険です!夏であっても山は天候や気温の変化が激しく、油断すると命取り。防寒着と十分な防寒性能を備えたシュラフでテント泊に臨みましょう。

また、荷物はザックに詰めていくということも忘れずに!軽量化とパッキングのうまさも重要になります。


と、このようにとってもテント泊登山のハードルをあげましたが、最高にテント泊登山が楽しいのも事実です!
テント泊をすればさらに山の魅力に取りつかれること間違いなし!ぜひ テント泊登山装備 をそろえて、テント泊に挑戦してみてください。

この記事の関連タグ

おすすめの関連記事